体臭 食事

生物個体には、それぞれ臭いがあります。

みなさんの周りのペット達だって、犬には犬の臭いが、猫には猫の臭いがあるように、わたしたち人間にだって臭いがあります。

ただ、臭い(におい)は 臭い(くさい)とも読むことから分かるように、体臭はわたしたちが不快に感じるニオイのことを言います。

体臭とは、皮膚の表面に無数にある汗腺や皮脂腺から分泌される分泌物が発する臭気だったり、尿や便などの排泄物が原因となって体から発せられるニオイのことで、人種や遺伝などによって様々ですが、日常の食生活や健康状態などとの関係が深いと言われています。

よく欧米人は体臭が強いと言いますが、それは臭いの原因となる肉類を好んで食べる人が多いからといえます。日本人は体臭が極めて少ない民族といわれてきましたが、それは低脂肪・高繊維質、植物性食品が中心の食生活である和食と大いに関係があったからです。

そう、和食は体臭を発生させにくいのですね。

また、仏教の教えにある「汚れは不浄のものである」という考え方が根底にあるので、体臭というのは汚れたものであるという考え方があるため、体臭を生じさせない生活習慣を養ってきたものだと考えられています。

ところがしだいに日本人の食生活も欧米化していき、高タンパク、高脂肪、特に肉や乳製品等の動物性脂肪が多い食事へ移行してきたことで、より体臭が発生しやすい状況になってきたのです。

しかし、体臭というのは誰にでもあるもので、人間は汗もかけば垢も出ますし、体はどうしても汚れていくものです。

ただ、このような自然な体臭は、清潔にすればすぐに解決するものなので、さほど気にする必要はありません。しかし、病的な体臭はちょっと注意が必要ですね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA