デリケートゾーンの黒ずみの悩み



じつはデリケートゾーンの黒ずみを気にしている人は多い!?

気の置けない友達と話していると、デリケートゾーンの黒ずみが気になっている女性って結構いるようですね。お酒の入った女子会だと、男性も引いちゃいそうな下ネタが飛び交いますが、やっぱりその悩みは多いようです(笑)

そりゃあそうですよね。通常他人のデリケートゾーンなんて、温泉や旅館といった大きな入浴施設などで目にする以外、ほぼ目にする機会がないですものね。

そのせいか、自分のデリケートゾーンの色が他人よりも黒ずみが濃いと、とても気になる女性が意外と多いようです。恥ずかしい話なんですが、何を隠そうこの私し自身も、自分の大事な部分を鏡で見たことがあります(笑)

本来成人女性のデリケートゾーンは黒ずみがあるものです。子供のころはほぼ体色と同じですが、ホルモンの働きの関係で思春期前後から、腋やデリケートゾーンの黒ずみが濃くなってくるのが普通なんだそうです

それにアジア人をはじめとする黄色人種というのは、大人になるにつれてデリケートゾーンの黒ずみが濃くなりやすい人種だと言われているようです。だから全く気にすることはないですよ。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

セックスの経験が豊かな人ほどデリケートゾーンの黒ずみが激しい…。

おそらくこれまでにそんな話を耳にされたことが、あなたも一度や二度はおありになるのではないでしょうか。

でも、安心して下さい。これは俗説であって医学的な根拠はまったくなく、あくまでも昔の人の言い伝えなんだそうですよ(笑)

じゃあ、なぜデリケートゾーンの黒ずみが目立つ人がいるのでしょうか?

その原因の一つとして、ホルモンの影響や体質(加齢など)に起因するのではないかとする説が今のところは有力のようです

また、デリケートゾーンの摩擦や炎症といった、皮膚の異常が日常的に繰り返されることで、皮膚を守るメラニン色素が過剰に生成されることも黒ずみの原因の一つとして考えられているようです。


デリケートゾーンの黒ずみを防ぐためには?

ちょっと気になって調べてみると、同じ日本人であっても人の肌の色は白い人もいれば黒い人もいるので、当然デリケートゾーンの色も人それぞれ違うそうです。

そしてそれまでの生活習慣によっても変わってきます。日々きついショーツやガードルを身につけるなど、皮膚がすれやすい環境下にあった場合は、その部分が強化されて丈夫になり、黒ずみが濃くなるということもあるようです。

さらに、ビキニラインやデリケートゾーンのムダ毛の処理を自分で行うというのも、黒ずみが濃くなる理由の一つのようですね。

でも、女性の心理としてデリケートゾーンの黒ずみが強いと、男性が嫌うのではないかと不安に感じてしまうし、デリケートゾーンの黒ずみに強いコンプレックスを持っている女性も少なくないはずです。それに、お付き合いしている人に変な習慣を憶測されるってのもイヤですしね。

だけど悩みの内容がデリケートゾーンだけに、恥ずかしくてとても他人には相談できるような問題ではない…というのが本音のようです。

自分でデリケートゾーンをケアをすることで、少しでも黒ずみが改善できるものならぜひやってみたいものですよね。でも、デリケートな部分だけに使用するものには気をつけたいものです。その点この「薬用イビサクリーム」は、合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンといった添加物が配合されていません。赤ちゃんでも使えるほどお肌にやさしいクリームで、敏感肌の方でも安心して使用することができますよ♪



デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】

デリケートゾーンの黒ずみのケアの方法は?

この色素沈着をどうにかしようとしても、残念ながら今日の現在の医学を持ってしても、デリケートゾーンの黒ずみを確実に解消する特効薬や治療法は、いまだに確立されていないのというのが現状のようです。


だから私たちにできることは、デリケートゾーンをむやみにゴシゴシやらず、専用のソープで優しく洗ってやるのが一番いいようです


そしてこのデリケートゾーンの色素沈着というのは、大陰唇よりも小陰唇に起こりやすい傾向があるようです。ということは、日本人女性の多くは小陰唇に色素沈着を起しているんですね。


以上、結論として、必要以上に黒ずみを気にする必要はまったくいらないということでした。



デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】