体臭を改善するために原因を分析して対策と予防を考えるサイトです

便臭



みんなで集まったときがなんだか不安なんです

後ろ向きの女性の画像

そもそも、身体から発生する臭いのというものは、腸内で発生した悪臭成分が肺や皮膚を経由して外部に排出される際に起きるものです。


「便臭」というのは、食べたものが腸内細菌によって発酵分解されて発生する腸内体臭に属し、その臭いの素となる成分は、メチルメルカプタン・硫化水素・インドール・スカトール・アミン類などの、含硫化合物や窒素化合物といったものです。


便臭の原因と予防

「便臭」の原因といって最初に思い浮かべるのがこの「便秘」ではないかと思います。お腹の中に腐敗物や排泄すべきものを溜め込んでいるのですから無理もありません。


食物繊維を多く摂るように心がけることが大事ですが、細かい食物繊維を多く含んだ海草や豆類を摂取する方がより効果的です。また、充分な水分補給も便秘対策には重要なことです。目安としては毎日1.5~2リットルくらいが適当でしょう。


スポンサーリンク


腸管の汚れ

便臭の発生原因として、「腸管の汚れ」が考えられます。ご存知のように、大腸では善玉菌(ビフィズス菌等)によって悪玉菌(大腸菌等)の繁殖を抑え、腸内の細菌バランスを整えています。


善玉菌は人体にとって欠かせない細菌ですが、悪玉菌は未消化の内容物を分解し、人体に有害な物質を作り出します。この増えすぎた悪玉菌が作用して、便臭を発生させるのです。


また長い間留まっている宿便なども便臭の原因です。これらの「腸管の汚れ」は、便秘の原因になるだけではなく、最近急増している大腸ガンになる危険性も高くなります。これまでの食生活を見直すことも必要でしょう。


ストレスによるもの

つぎにあげられるのが、現代病のひとつともされる「ストレス」です。通常、口から胃へ送られた食べ物はペプシンという消化酵素を含んだ胃液により分解、消化されます。

しかし、ストレスがあると、胃や腸に負担がかかり、ペプシンの分泌が妨げられるようになります。そして正常な機能が損なわれることで未消化物も増え、腐敗臭や便臭が強くなります。


咀嚼不足によるもの

最後にあげられるのが、「咀嚼不足」です。これは簡単にいえば、食べ物をよく噛まずにすぐ飲み込むと、口の中の唾液と混じることがないため、食べたものに未消化部分が多くなり、それが腸内で腐敗するため便臭がきつくなるというものです。


唾液中には、アミラーゼやリパーゼという酵素があり、咀嚼することによって酵素の働きも活発になります。また酵素には、口の中の雑菌を退治する役割もあるので、酵素不足によって、口の中の雑菌が繁殖すると口臭の発生にも繋がるといった悪循環を引き起こすことになります。


ですから、食べるときはよく噛んで食べるということを実践することが大事なんですね。




わきが対策、制汗・ニオイケアならCLEANEO