体臭を改善するために原因を分析して対策と予防を考えるサイトです

加齢臭



忘れられない…老人の臭いって言われたこと

困っている顔の男女の画像

加齢臭という言葉をわたし達が聞くようになったのは、比較的ここ最近のことです。それまでは俗に、「おやじ臭い」とか「おやじ臭」と言われていました。


しかし近年、化粧品メーカーが「加齢臭」というキャッチコピーを使い、それが一般に普及したもので、言葉の歴史としては浅いものなのです。


加齢臭の原因は?

加齢臭の原因と考えられているのが「ノネナール」という物質です。


「加齢臭」の名づけ親となった、化粧品メーカーが、年齢とともに増加し、体臭を悪化させる原因となる「ノネナール」を発見し、発生のメカニズムと特性の解明に成功しました。


「ノネナール」とは、不飽和アルデヒドの一種で、若者の皮脂の中には、ほとんど存在しておらず、40歳代から多くなります。年齢を重ねるごとに血管のなかにコレステロールなどの老化物質が溜まり、やがて体臭として感じられるようになっていくわけです。


しかしながら、臭いの発生源が皮脂腺の中に溜まる過酸化脂質なので、この「ノネナール」を退治するだけではなく、過酸化脂質を退治していかなければなりません。高たんばく高脂肪の食事は、できるだけ避けるようにしましょう。


男性のほうが女性よりも皮脂の分泌量が多いので、加齢臭の発生しやすい状況にあります。しかしながら、逆を言えば、女性であっても、皮脂の分泌量が多ければ加齢臭は強くなるということになります。


加齢臭を防ぐには?

加齢臭を防ぐには「ノネナール」を退治しなければならない。「ノネナール」を退治するには過酸化脂質を退治しなければならない。なんだか「いたちごっこ」みたいですが、それが加齢臭を予防する早道になります。


「ノネナール」は、脂肪酸が活性酸素により酸化して、過酸化脂質に変化する経過のなかで発生することが分かっています。 つまり、この脂肪酸を酸化させる活性酸素を増やさないようにしたら、「ノネナール」の発生を抑えることができるわけです。


さあ、次はどうしたらその「活性酸素」を抑えるか!ということになりますが、この「活性化酸素」を発生させる最大の原因がお酒です!次にタバコ、そしてストレスなどとなっていきます。できるだけこの原因をなくす必要があります。


日常生活の中でなかなか難しいことですが、体臭の原因となる動物性タンパク質や脂肪分の多い食品の摂取を控え、緑黄色野菜をとり、お酒やタバコはできるだけ控え、ストレスを溜めないようにすることを心がけてください。


スポンサーリンク


加齢臭には朝シャワーが有効!!

お風呂やシャワーというのも、体臭や加齢臭には有効です。


私達は、夜にお風呂に入るが普通ですが、夜に入浴するだけでは、その後に汗をかいた場合は、その汗の臭いが臭いの原因になることもありますし、寝ている間に古くなった皮脂が汗とくっつき、臭いを発することにもなります。


朝はどうしても時間に制限がでてきますが、5分から10分程度の時間を設けてシャワーを浴びられることをお奨めします。これだけでも驚くほどの効果が期待できますよ。


さあ、以上で「加齢臭」についての講義は終わりました。あとはあなたの努力と、ここで紹介するアイテムをうまく利用して、いまわしい「加齢臭」をぜひ克服してください。





わきが対策、制汗・ニオイケアならCLEANEO