体臭を改善するために原因を分析して対策と予防を考えるサイトです

口臭



人とのコミュニティーに口臭は禁物です

口を開けている女性の画像

臭いの中で「ワキガ」が東の横綱だとしたら西の横綱は口臭です。


私たちが生活していく以上、人と会話をしないわけにはいきません。会話をする時に、お互いの口の臭いというのは、非常に気になります。


「たかが口臭ぐらいで」と思わないで下さい。口臭が妨げとなって、大切なコミュニケーションがとれなくなるとしたらどうでしょう?人間関係まで壊してしまう恐れがあるんですよ。


さあ、いまからしっかりとしたブレスケアで、さわやかな社会生活を送りましょう。


口臭の種類は?

(1)生理的口臭


誰もが持っている口臭で、口の中の細菌が原因でおこりますが、これは健康な人でも起こるものです。たとえば朝起きた時や食後・空腹時、また、極度の緊張時に口の中が乾いたとき、生理時や妊娠時などです。


これらは、病気ではありませんので、ほとんどがすぐに消えますから、あまり気にする必要はありません。



(2)病気が原因の口臭


・虫歯や歯垢によるもの
歯磨きが不十分だったりすると、歯垢のなかの膨大な数の細菌や、虫歯が悪臭を放つようになります。

・歯肉炎(しにくえん)、歯槽膿漏(しそうのうろう)などの歯周病によるもの
歯周病で、膿がでているところなどに細菌が繁殖して、悪臭を引き起こします。

・義歯、入れ歯などによるもの
義歯や入れ歯の手入れが不十分で歯垢が残っているときなど。

・舌苔(ぜったい)によるもの
舌の表面に付着した白または黄褐色の苔のようなもので、胃炎や発熱時に舌の上で菌が繁殖し、悪臭を引き起こします。

・代謝系疾患によるもの
糖尿病や肝臓の病気が原因の口臭で、甘酸っぱい臭いがします。

・消化器系疾患によるもの
胃腸の病気が原因で、もたれていたり、調子が悪いとげっぷのような口臭がします。

・その他
だ液が出にくくなる病気、また、精神的な病気で、自分が臭うのではないかと過剰に反応してしまう(自臭症)こともあります。



(3)食べ物による口臭


にんにくなどの臭いの強いものを食べたり、飲酒時に発生します。


スポンサーリンク


口臭を防ぐには?

口臭を防ぐには、なんといっても毎日の歯磨きが一番!!ただし、磨くのは朝起きてすぐと、寝る直前が最適です。


虫歯や歯周病、また、消化器系の病気が原因の場合は、その治療をすることが先決です。そして、定期的に歯医者に行って歯石をとってもらうことをおすすめします。


臭いが取れる食べ物を積極的にとるようにしたり、殺菌や消毒を目的とした「うがい薬」やガムなど、時間のない時などは便利ですので、携帯しておくこともよいでしょう。





わきが対策、制汗・ニオイケアならCLEANEO