ダイエットブログ

ダイエットに頑張るあなたに理想的な食事や運動、筋トレ方法などを紹介しているサイトです!!

ダイエット耳寄り情報

やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査


40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが、厚生労働省の研究班(研究代表者=辻一郎東北大教授)の大規模調査で分かった。


最も短命なのはやせた人で、太り気味の人より6~7歳早く死ぬという、衝撃的な結果になった。「メタボ」対策が世の中を席巻する中、行きすぎたダイエットにも警鐘を鳴らすものといえそうだ。


研究では、宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に12年間、健康状態などを調査した。過去の体格も調べ、体の太さの指標となるBMI(ボディー・マス・インデックス)ごとに40歳時点の平均余命を分析した結果、普通体重(BMIが18・5以上25未満)が男性39・94年、女性47・97年なのに対し、太り気味(同25以上30未満)は男性が41・64年、女性が48・05年と長命だった。しかし、さらに太って「肥満」(同30以上)に分類された人は男性が39・41年、女性が46・02年だった。


一方、やせた人(同18・5未満)は男性34・54年、女性41・79年にとどまった。病気でやせている例などを統計から排除しても傾向は変わらなかった。やせた人に喫煙者が多いほか、やせていると感染症にかかりやすいという説もあり、様々な原因が考えられるという。


体格と寿命の因果関係は、はっきり分かっていない。このため、太り気味の人が長命という今回の結果について、研究を担当した東北大の栗山進一准教授は「無理に太れば寿命が延びるというものではない」とくぎを刺す。

≪ YAHOOニュースより抜粋 ≫


中国の健康情報サイト「39健康ネット」は12日、27歳の女性会社員がダイエットを繰り返す生活を経て、糖尿病を発症した例を紹介した。医師は「体重がジェットコースターのように激しく上下すると、内分泌系にダメージを与える」と警告。ストレスや運動不足に加えて、「太ったらやせればいい」という安易な考えにも注意を促した。


スタイルを気にする中国のある女性が、自分が太り過ぎだと感じダイエットを開始。食事制限をしたが食欲を抑えられず、何日か食事を控えては、我慢できずに大食いするパターンを繰り返した。体重は安定せず、ダイエットの効果は一向に上がらなかった。


ところがこの半年で、彼女の体重はなぜか10キロも落ちた。時々めまいやのどの渇きなどを感じたが、あまり気に止めずにいた。しかし1週間前には嘔吐の症状が現れ、病院で検査をすると血糖値は正常値をはるかに越えていた。詳しい検査の後、成人1型糖尿病と診断。発病からかなりの時間が経過していたという。


「体重がジェットコースターのようにアップダウンを繰り返すのも内分泌に影響を与える恐れがある」と張医師は言う。多くの女性は美食の誘惑に耐えられず暴飲暴食し、後でダイエットをしてバランスを取るということをしがちだが、体重を短期間に数キロ単位で増減させると、健康に大きなダメージを与える。肥満はもちろん糖尿病の筆頭要因だが、「太ったら痩せればいいや」と安易に考えて体重の激しいアップダウンを繰り返すのは避けた方が賢明だ。

≪ YAHOOニュースより抜粋 ≫


日本人女性の肥満度を示す体格指数(BMI)が、10代後半から20代にかけて減少に転じ、他国では見られない特有の傾向であることが、菅原歩美・筑波大研究員(内分泌代謝科)らのチームの研究で分かった。米疫学誌の5月号に発表する。菅原さんは「やせていることのイメージは良いが、実際は健康や出産への悪影響が指摘されている」と話す。


一般に、BMIは6歳ごろから増加する。日本の国民健康・栄養調査と、同様の調査を持つ米国、韓国のデータを調べたところ、米国男女と韓国、日本の男性は、10歳以降はBMIが増え続け、韓国女性は18歳ごろ増加が止まり、20代は横ばいだった。一方、日本女性は、15歳ごろ増加が止まり、20代は年齢とともに減少した。


また、58年以降の日本女性のBMIを解析した結果、50~59年生まれの女性が10代後半から20代前半だった70年ごろ、一斉にBMIが減り始めた。


若い女性のやせは、摂食障害やうつ傾向、骨密度の低下を起こしやすく、出産時に低出生体重児になる確率が高い。曽根博仁・同大教授は「やせることを勧める風潮が強いが、若い女性のやせは深刻だ。70年ごろを境にやせ願望が強まった背景を探りたい」と話す。

≪ YAHOOニュースより抜粋 ≫


地球温暖化防止が叫ばれている今日ですが、イギリスのロンドン大学の研究チームが、おもしろい論文を発表しておりますので、ご紹介しましょう。


「英ロンドン大学の研究チームが、肥満や過体重の人々はそうでない人たちに比べ、移動により多くの燃料が必要となったりより多くの食料を食べたりすることにより、地球温暖化に寄与しているとの見方を示した。また、肥満人口の増加によって、同問題が将来的に深刻化すると警告している。」[ジュネーブ ロイター]


いかがでしょう?肥満や過体重の人々は、移動するときに、より多くの燃料が必要となったり、より多くの食料を食べます。そうすることで、地球温暖化に寄与しているというのです。


逆に言えば、ダイエットするだけで地球温暖化対策に貢献するということになります。そして、痩せるだけで食料不足やエネルギー価格にも貢献することになるのです。やっぱ、痩せなくっちゃ!!


基礎代謝とは、人間が生きていくのに最低限必要な機能(体温維持、呼吸など)を維持するためのエネルギーです。男女とも基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。そのため、年をとっても若い頃と同じような食事をとっていると、急に太ってしまうことがあるのです。


基礎代謝を上げるには筋肉の比率を増やすことが重要になります。なぜなら取り込まれたエネルギーの半分近くを筋肉が使っているからです。食事制限などでダイエットをしようとすると、働き者の筋肉まで落ちてしまいエネルギーを消費しにくい身体になってしまうのです。


日々の生活の中で、規則正しい食事や適度な運動が難しいと感じている方は、ゼナドリンなどの健康食品を上手に活用するのも一つの方法でしょう。

Menu

Q&A

 Q.水泳って、ダイエットに効果ありますか?

水泳はダイエットには効果があります。よく水泳は、筋肉が付いたり肩幅が広くなってしまうのではと心配される方もいらっしゃいますが、ダイエットの水泳はゆっくり長く泳ぐのが基本です。

これくらいの運動であれば、外見的に違和感を感じるほどに肩幅が広くなるということはないと思いますので、心配はいらないでしょう。

水泳以外にジョギングやウォーキング、エアロビクス、ヨガ、筋トレでもダイエットには効果的だと思います。

>>>ちょっとだけ「耳より情報」