ダイエットブログ

ダイエットに頑張るあなたに理想的な食事や運動、筋トレ方法などを紹介しているサイトです!!

イメージダイエット

マライア・キャリーが実践したダイエット法

画像

このコーナーでは、みなさんのダイエットを強力にサポートしてくれる、イメージダイエットをご紹介いたします。


みなさんは 「イメージ」 という言葉はご存知ですよね?そう、日常の生活の中で、イメージという言葉は比較的によく使うので結構なじみの深い言葉ですが、イメージという言葉を辞書で引くと、「心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこと。」とあります。


イメージダイエットは、このイメージを利用して脳にプラスのイメージを与え続けることで、ダイエットに役立てようというものです。

♥     ♥     ♥     ♥     ♥     

それでは、あなたがダイエットをしようと決めたときのことを考えて下さい。

あなたは「肥っちゃったから、ダイエットしなきゃ!!」と思ったのではないでしょうか?


そう、それがイメージなんです。


ですが、残念ながらこれはマイナスに働くイメージなんです。あなたが「肥っちゃったから・・・・」と思ったことで、あなたの脳は「私は肥っている!!」とインプットされ、常に肥っているあなたがイメージされ続けているわけです。


なんだかワケが分からないと思われるかもしれませんが、つまり、「肥っているのが私なんだ!!」とダイエットしながらも、知らず知らずのうちにそれがイメージされていて、なかなか痩せられないということなんです。


いかがですか?なんとなく分かっていただけたでしょうか?


♥     ♥     ♥     ♥     ♥     

さて、それではイメージダイエットとは、具体的にどのようにイメージしていけばいいのでしょうか?

それには、いつもイメージできるもの、それは「○○さんのようになりたい」でもいいし、「あのドレスを着るんだ」でもいいでしょう。ようするに、自分が肥っているということを一切意識しないで、目標だけをイメージするようにすることです。


具体的な方法としては、「イメージポスター」作りがいいようです。


イメージポスターとは、まず適当なサイズの紙に「○○さんのようになりたい」と思った理想のボディラインを持つアイドルやモデルの写真を貼り、その顔の部分にあなたの顔写真を上から貼り付けます。


そうです、要するに顔だけを挿げ替えたナイスバディのあなたの写真を作りあげるのです。そしてその余白にはダイエットの目標などを具体的に書いていきます。達成するまでの期限を切るのもよいでしょう。またダイエットが成功したらこんな風にしたい、あれがやりたいなどとも書き加えると、さらにやりやすくなると思います。

♥     ♥     ♥     ♥     ♥     

つぎに、あなたが「痩せよう」と思ったキッカケはなんでしたか?

流行のファッションを身にまといたいから?

彼氏やご主人にもっと愛されたいから?

家族のために、もっと健康的になりたいから?

太っているというコンプレックスから解放されて自分に自信を持ちたいから?

キッカケは人それぞれですが、ダイエットしようと決めたキッカケ、それを忘れないよ うにずっと思い続けることです。

脳にプラスのイメージを与え続けることがイメージダイエットなのですから、当然マイナスのイメージは避けなければなりません。

否定的な言葉は使わずキッカケになった肯定的な言葉をいつも思い出し繰り返し自己暗示をかけるようにしましょう。

それが重要なのです。それがイメージダイエットを持続していく大きな支えとなり、しいては、ダイエット成功へと導くのです。

Menu

Q&A

 Q. 効果的なダイエット法にはどのようなものがあるの?

ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリーです。つまり消費カロリーを上げ、摂取カロリーを下げることです。

でも今まで普通に食べていた量を減らすということは、口で言うように楽なものではありませんし、かなりストレスを感じることもあるのです。

ですから、最初のうちはけっして無理をせず、どうしても食べたくなったときには食べましょう。

ただ、このときに食べるものの選択が重要になってきます。

豆腐はたんぱく質をたくさん含んでいますが脂質が少ないのでお奨めです。
脂質が少ないということは、つまり筋肉の元にはなるが脂肪の元にはならないということです。

同じ理由で納豆もおすすめできます。また、「わかめ」たっぷりのスープなどもいいのではないでしょうか。

また、食事で摂る炭水化物は、ライ麦のパン、全粒粉パン、5穀米などを食べるようにしましょう。

あとは適度に有酸素運動をして消費カロリーを上げましょう。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなど、鼻歌が歌えるか歌えないかぐらいの心拍数を、続けていける程度の運動のことをいいます。

これは少なくとも20分以上は続ける必要があります。音楽などを聴きながらやると続けやすいでしょう。

>>>ちょっとだけ「耳より情報」