ダイエットブログ

ダイエットに頑張るあなたに理想的な食事や運動、筋トレ方法などを紹介しているサイトです!!

痩せやすい体作り

痩せやすい体質と痩せにくい体質

「友達と一緒にダイエット始めたんだけど、なぜか自分だけが痩せない。」

「何回もダイエットに挑戦するけど、苦労のわりには結果が出ない。わたしって、痩せにくい体質なのかな?」


ダイエットのベテラン(笑)のなかには、そんなふうに思った人もいらっしゃるのではないでしょうか。


「やっぱり根性が足りなかったのかな?」

「次はもう少し効果のあるヤツで挑戦だ!」と、気を取り直して頑張る・・・・・


涙ぐましい努力ですが、事実、痩せにくい体質の人はいらっしゃるのです。


基礎代謝をアップさせましょう


痩せにくい体質の人は同じメニューをやっても、「痩せやすい体質」の人とは、明らかに成果に差がでてきます。それはどういう理由からなのでしょう。


ダイエット成功の秘訣でご説明しましたように、基礎代謝が上がれば消費カロリーが上がり、痩せやすく、太りにくい体になれます。だけど、基礎代謝が低い人はカロリーをなかなか消費できないので、なかなか痩せません。


普通の人では、1日の総消費エネルギー量のうちの約70%を、基礎代謝量が占めているということです。 ということは、基礎代謝を上げれば痩せやすい体質になり、それがダイエットをするためにおいて、きわめて重要なポイントだということが分かります。


基礎代謝は筋肉量によって決まります。筋肉が多ければそれだけエネルギーを消費するわけですから、当然基礎代謝が高くなります。同年代で同体重の人を比べても、筋肉量が多い人ほど高い傾向にあります。成長するにつれて基礎代謝は高まり、18歳前後をピークにして、その後は徐々に減少していきます。これは加齢によって筋肉が衰え、減少しているという理由からです。


基礎代謝をアップするには、ストレッチや有酸素運動、ダンベル体操などの筋肉トレーニング、入浴などが有効です。


ただ、女性の場合、筋肉をつけるというわけにはいきませんので、別の方法を考える必要があります。それには、アミノ酸などの代謝アップをサポートしてくれる食品や良質なたんぱく質を含む食品を摂取することも重要なことです。

Menu

Q&A

 Q. 重度の肥満で、何をどうしたらいいのかわかりません。

人が肥る理由は、基本的に摂取カロリー>消費カロリーになるからです。ですから、消費カロリー>摂取カロリーの計算式になれば結果として痩せるのは事実です。

だからといって、いきなり食べる量を極端に減らすことはやめて下さい。

その理由は、急激に痩せようとすると人間の体は生命維持のために体重を増やそうとするからなのです。

さらに、絶対にやめていただきたいのが、まったく食事をしないという方法です。これは、明らかに肥りやすい体質になってしまいます。

まずあせらずに、一回の食事で食べる量を制限し、レコードダイエットなどを利用してカロリー計算をするなど、自分の摂取カロリーを考えることから始めましょう。

そして次第に間食を減らしていくとストレスを感じずに取り組めると思います。

どうしてもお腹が空いたと感じた時は、消化のいい野菜や寒天類を食べましょう。しばらくは空腹感が解消できますよ。

>>>ちょっとだけ「耳より情報」