ダイエットブログ

ダイエットに頑張るあなたに理想的な食事や運動、筋トレ方法などを紹介しているサイトです!!

基礎代謝を上げるためのストレッチ

手軽で簡単に基礎代謝をアップする方法としては、ストレッチがとても有効です。


体の筋肉が硬くなると、酸素や糖質が筋肉に取り込まれにくくなります。その結果、基礎代謝が低下します。


しかし、筋肉をやわらかくすると、血液やリンパ液の流れがよくなることで、体温が上昇し、体が消費するエネルギー量を増やす効果があります。


それに、ストレッチは、毎日ちょっとした時間を見つけてやるだけでも、おどろくほどの効果が望めます。ジョギングやウォーキングとは違い、あらためて時間をとらなくてもいいのがうれしいですよね。


効果的なストレッチを行なうには、「ゆっくりと、はずみをつけず」「息は止めず、伸ばすときに息をはくこと」に気をつけることです。


さあ、それでは正しいストレッチのやり方を覚えて、基礎代謝を上げ、痩せやすい体質に改善しましょう。


♥     ♥     ♥     ♥     ♥     

どこでもできる簡単ストレッチ


★足首のストレッチ

あぐらをかくようにしてすわり、左手で左足の足首を持って、右手でつま先をにぎり、足首を回します。血液やリンパ液の流れが良くなり、ダイエット効果だけでなく肩こり解消効果も。(左右ともに)


★ふくらはぎ(アキレス)のストレッチ

左足を前に、右足を後ろにして足を開く。左足を軽く曲げながら、右足のかかとが上がらないように気をつけ、アキレス腱をゆっくり伸ばす。(左右ともに)


★ひざのストレッチ(屈伸運動)

足は肩幅程度に開きます。両ひざに手を当て、ひざを曲げます。ひざに手を当てたまま立ち上がり、ひざを押しながら、ひざの裏側をゆっくりと伸ばします。(5~6回)


★太もものストレッチ

立ったまま右足を曲げ、つま先を右手でつかみます。(太ももの前が延びるように)このまま引っ張って伸ばします。不安定な方は、倒れないように何かにつかまって下さい。(左右ともに)


★股関節のストレッチ

足はできるだけ広めに開きます。両ひざに手を当てて、左ひざを大きく曲げたあと、右ひざを押しながらゆっくり伸ばします。反対側も同様に行ないましょう。(左右5~6回)


★上半身のストレッチ

イスにあさく座る。両足をイスの足に絡ませる。背もたれをつかみながら左右に体をねじる。


★わき腹のストレッチ

両手を頭の上に上げ、右手で左手首をもつ。右真横に体を倒して左のわき腹を伸ばす。(左右5~6回)


★背中のストレッチ

足は肩幅よりも広めに開きます。反動をつけず、体を前に倒します。体を起こし、後ろにそらします。頭の上で手を組み、そのままおへそをのぞきこむようにします。(5~6回)


★バストのストレッチ

手を背中の方に回して組み、そのまま、肩甲骨を中央の方に引き寄せます。


★肩のストレッチ

イスに座り、右ひざを両手で持つ。上半身を後ろにそらして肩をストレッチする。左右繰り返す。


★首のストレッチ

正面を向いたままゆっくり頭を左へ倒します、そして右も同様に(左右5~6回)。最後にゆっくり大きく頭を回しましょう。(左右5~6回)


ストレッチは怪我の予防と効果アップには欠かせません。ウォーキングやジョギングの前後には必ずやるように心がけて下さい。

Menu

Q&A

 「何度やってもくじけちゃう !!」 と言うあなたは、ここをチェック !!

ダイエットは一人で黙々と…。やっぱり、みなさんもそれが普通だと思います。でも、もし同じような体型のお友達がいて、そのお友達といっしょにダイエットを始めることになったらどうでしょう?なんだか心強いと思いませんか?

できれば多くの仲間といっしょに、励ましあいながらダイエットを続けていく環境があるならば、あなたも途中でくじけるようなことはないのです。

そんなあなたに、ダイエットサイトランキングをご紹介します。ダイエットサイトランキングは、ダイエットのサイトだけを集めたランキング集です。

"自分ひとりでやっているんじゃない"という意識がモチベーションの維持に役立つこと請け合いです。ご存じなかった方は、ぜひお試しあれ!!

>>>ちょっとだけ「耳より情報」