ダイエットブログ

ダイエットに頑張るあなたに理想的な食事や運動、筋トレ方法などを紹介しているサイトです!!

水ダイエット

水ダイエットとは、1日に2リットルから3リットルの大量の水を飲むというダイエット法で、水を飲むことで老廃物の排出をうながし、脂肪燃焼を活発化させて体重を減らすというやり方で、デトックス効果を狙ったダイエットです。


しかし、水ダイエットでは大量の水を飲みますので「水」の質が重要です。水道水は避けなければなりません。


水道水には塩素が大量に含まれているほか、いろいろな成分が含まれています。大量に飲むということは、有害成分も体内に取り入れることになるため、健康を害する心配が出てきます。


浄水器がある人は、塩素を抜いた水道水を飲むようにしましょう。新たに浄水器を購入したくないという方は、コストがかかっても市販のミネラルウォーターを購入して飲む方法がおすすめです。


水ダイエットで使用する水は、ミネラルを多く含む硬水がおすすめになります。食事を減らしている人、汗をよくかく人はミネラルが不足しがちになりますので、硬水を使用することで足りないミネラルを補うのにも効果的ですね。


♥     ♥     ♥     ♥     ♥     

水ダイエットにはいくつか注意点がありますので気をつけて下さい。


一つ目は、塩分摂取に気を付けること。過剰な塩分摂取で体内に水分が蓄積され、いわゆる「水太り」を引き起こして逆効果になりますので、塩分の取りすぎには気を付けましょう。


つぎに、水ばかりを飲み続けると、しだいに苦痛を感じる人もでてきます。これは大量の水を摂取すると、血液が薄くならないようにと脳から水分摂取を控える信号を出すため、これが水を飲むのが苦痛になる原因です。


そして、水ダイエットを続けていると、食事量が極端に減る場合もあります。そうなると体力低下を引き起こしてしまい、ダイエットそのものを続けることができなくなります。


「もう飲みたくない」と思ったときは、「絶対に飲まなければならない」と考えずに、量を調整する柔軟性も必要です。酷いケースでは低ナトリウム血症となって水中毒を引き起こす可能性もありますので要注意です。


最後に、くれぐれも無理に水を飲もうとせず、また一度に大量の水を飲まずに少しずつ飲むように心がけて下さい。その理由は、一度に200cc以上飲んでも、そのまま体外に排出されるからです。


ダイエットの効果を得るためには1回につき200cc位が適量ですし、なにより小分けして飲むことで続けられますし、特に意識しなくてもかなりの量を飲むことができるようになります。


お試しになる場合、体調管理には十分に注意されて、もし体に変調があった場合などは、すぐに医師の診断を仰ぐようにお願いいたします。


Menu

Q&A

 Q.水泳って、ダイエットに効果ありますか?

水泳はダイエットには効果があります。よく水泳は、筋肉が付いたり肩幅が広くなってしまうのではと心配される方もいらっしゃいますが、ダイエットの水泳はゆっくり長く泳ぐのが基本です。

これくらいの運動であれば、外見的に違和感を感じるほどに肩幅が広くなるということはないと思いますので、心配はいらないでしょう。

水泳以外にジョギングやウォーキング、エアロビクス、ヨガ、筋トレでもダイエットには効果的だと思います。

>>>ちょっとだけ「耳より情報」