ふるさと納税 還元率 上限

総務省は4月1日付で、ふるさと納税の返礼品の価格を寄付額の3割までに抑えるようにとする方針を固めたそうです。

より多くのふるさと納税の寄付を集めるようと、自治体間で返礼品競争が加熱しており、返礼品が過剰になり過ぎないようにという指導が続いていたのですが、とうとう総務省が歯止めをかけたようです。

返礼品の価格を寄付額の3割までということは、ようするに還元率の上限が3割になるということです。

たしかに、先月打ち切られた千葉県勝浦市の「かつうら七福感謝券」は、10,000円の寄付で7,000円分の感謝券が返礼品として贈られてきていたので、還元率はなんと7割。その還元率の高さから転売されることが多く、結局は見直されることとなったわけです。

返礼品は自治体独自の取り組みなのでこの通知には強制力はないそうですが、本来の趣旨から外れすぎると、せっかくのいい制度が見直されることになってしまうかもしれません。

私たちにとっては本当にいい制度ですので、ここは我々も自治体の方々も、マナーを守ってふるさと納税を存続させていきたいものですね。

でも、それはそれとして、どうせふるさと納税をするなら還元率がいい今のうちにした方がいいかもしれませんね(*^▽^*)

ふるさと納税 さとふる
ウェブでふるさと納税(受付中)

還元率のいい家電はこちらの「ふるなび」が情報が多いのでおススメです。パソコンやテレビといった家電品が欲しいという方はこちらをチェック!!


「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする