二日酔いの対処法

アルコール誘発性疾患、いわゆる二日酔いにならないようにと用心していても、やっぱりアルコール誘発性疾患になっちゃったら仕方がありません。自分でできるアルコール誘発性疾患の対処法を実践し、できるだけ早くその最悪な症状から脱出しましょう。

●対処法その1.水分を補給する

アルコール誘発性疾患は肝臓が分解し切れなかったアルコールが体内に残ることで起こります。ですから、体内に残っているアルコールを体の外に排出させることが一番の対処法です。

そのためには、体内に残っているアルコールを、なるべく早く汗や尿から排出させる必要があるので、その対処法として大量に水分を摂取するのがあげられます。

効果的な飲み物としては、スポーツドリンクやトマトジュースなどがよく、また日常的な飲んでいるコーヒーや緑茶なども、利尿効果のあるカフェインが含まれているので効果的です。

●対処法その2.ビタミンを補給する

ビタミンにはアルコールの分解を促進させる効果があるので、ビタミンを含む飲み物はおすすめです。

ビタミンがたっぷりの果汁ジュースなどを摂ることは、水分も同時に摂取出来るので対処法としては効果的ですし、また、ビタミンがたっぷり溶けだした具だくさんのお味噌汁も最高ですね。

●対処法その3.安静にする

症状が軽い場合でしたら、ちょっとぬるめのお風呂に入り、汗を出すことで新陳代謝を促して体内のアルコールの分解を促進させるという対処法も使えますが、とにかく何もできないというようなとてもひどいアルコール誘発性疾患のときは、とにかく体をゆっくり休ませるのが最善の対処法です。

しかし重症の場合は、肝臓にもかなりの負担がかかっているはずですし、体力的にもかなりダメージがあります。そうした場合は、お風呂に入るような対処法はかえって逆効果ですので、ゆっくり横になってひたすらアルコールが分解されていくのを待ちましょう♪


レバリズム・L初回モニター価格980円