二日酔いの悩み

二日酔いとは

社会人にとって二日酔い、いわゆるアルコール誘発性疾患の悩みというのは、人間関係を構築していく上で切実な問題だといってもいいかもしれませんね。とくに、会社勤めの人たちにとっては、意思疎通の手段としてお酒の席というのはいまやごく普通のことですからね。

とくに営業マンや、お客を接待するようなお仕事の方ににとっては、まさにお酒を飲むことは自然なことであるので、当然翌日に襲ってくるこの悩みに、さぞかし手を焼いておられることだ思います。

さて、二日酔いになると目覚めたときから気持ち悪く、吐き気だけでなく頭痛を感じることもしばしばで、身体もだるくて何もやる気が起きませんよね。

「このまま死んでしまうのでは?」と思うほどのひどい症状で、常にこの悩みを抱えておられるも人によってはあるようです。

飲むときはいつも「今日こそはお酒を少なめにしよう」と考えてはいるんですが、盛り上がってしまうとついその場のノリで飲みすぎてしまい、やっぱり最後はこの悩みと取り組むことになってしまうんですよね(笑)

※酩酊(急性アルコール中毒)に伴う不快な症状が、酩酊後の睡眠から覚めたのちまで持ち越されたもので、宿酔(しゅくすい)ともいう。
その原因はまだ不明であるが、アルコールの中間代謝物であるアセトアルデヒドの中毒によるという説をはじめ、不純物説や過労説などもある。
また、大量飲酒による低血糖、アシドーシス、脱水症などの二次的変化も関係している。
なお、アルコールは排尿を促すので、水分を補給しないと血中のアルコール濃度を高めることになる。《日本大百科全書(小学館)より抜粋》

そんなひどいアルコール誘発性疾患ですが、じつはこの悩みを防ぐのは簡単なんですよ。ただ、体の中でのアルコール代謝サイクル全般に対応してくれるサプリメントを飲むだけなんです。

この「スパリブ」をお酒を飲んだ後に飲むだけで、アルコール代謝を和らげアルコール誘発性疾患のリスクを減少させてくれますよ(o^-')b グッ!


まずは初回限定540円でお試し!【スパリブ】