勃起不全解消

勃起不全の解消には生活習慣の改善が一番です

EDと飲酒の関係

飲酒は、適量ならば心身の緊張を和らげ、大脳の抑制が溶かれることにより羞恥心が取り除かれ、性的に興奮しやすくなります。

しかし、過度に飲酒した場合は、こんどは大脳が性的な興奮を抑えてしまいます。さらに、常習的な飲酒は男性ホルモンの生産を少なくさせ、EDの原因になることもあります。

50代以降になると器質性EDの割合が大きくなります。それは、動脈硬化などの血管障害や男性ホルモンの分泌低下、さまざまな病気に対する治療薬の服用などで器質性EDの危険因子が増加することが原因と考えられます。

それに対し、40代以前は器質性EDの割合というのは少なく、心因性EDが殆どを占めています。



EDと喫煙の関係は?

喫煙が血管を収縮させ、血流を低下させることは広く知られておりますが、その煙草の煙に含まれる一酸化炭素というのは、血管に障害を与えて動脈硬化を進行させます。

勃起するためには陰茎海綿体の血管が拡張し血液が十分に流入しなければならないわけですから、喫煙の影響もEDの原因の一つとして考えられています。

EDと糖尿病の関係は?

糖尿病によるEDは、陰茎海綿体の毛細血管と、勃起に関する自律神経系の障害が原因と考えられています。もしEDの原因疾患が糖尿病であれば、その治療を疎かにしないことが大切です。定期的に血液検査などで糖尿病のチェックをすることをお勧めします。

EDと高血圧・高脂血症の関係は?

偏食や運動不足、ストレスの多い生活を続けていると、高脂血症、高血圧などを発症する原因となります。ドロドロとなった血液が血管の内側を傷つけることで、血管内腔が厚くなり血液の通り道を狭くします。そのため、心臓は血液を押し流すために高い圧力が必要なります。

この状態が長期間続くと、動脈硬化や血管障害を引き起こす可能性があり、これが陰茎海綿体の血管に起きた場合はEDとなる可能性があります。

勃起不全改善薬に頼らずに勃起不全を治そうと思うならば、まず生活改善から始めることでしょう。