不妊症 原因

不妊症 原因

不妊症の原因の特定はかなり難しいとされています。

つまり、一般的な病気と違って体に痛みや不快感もなく、それでいて検査でわかることも少ないため原因の特定が難しいのです。

そんな不妊症の原因は、女性側や男性側それぞれにあるものと、男女共にあるもの、さらに原因が分からないものに分かれているようです。

WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、女性の方に原因があるのが約41%、男性の方に原因があるのが約24%、男女ともに原因があるのが約24%、そして原因不明が約11%となっています。

女性の方に原因がある不妊症

女性が妊娠するには排卵された卵子が精子と受精し、卵管を通って子宮にたどり着いた後に着床するという一連の流れがあるのですが、その流れの中の一つでも障害があると妊娠しにくくなってしまうようです。

女性の側に原因がある場合は、この一連の流れの中での障害発生を調べることが不妊症の解決の近道だと言ってもいいようです。

排卵の問題による不妊症

そもそも卵子が排卵されないと妊娠することができないわけですが、自力で排卵しない、生理が起こらないということも稀に起こります。

何らかの原因で排卵が起こりにくい状態を排卵障害といいます。

卵巣機能不全による排卵障害

卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのバランスが崩れることで月経がなかったり、あったとしても無排卵月経だったりというような症状が起こって、排卵障害が引き起こされている状態を卵巣機能不全といいます。

その原因としては、卵巣の発育不全や形成不全、下垂体や甲状腺の病気、薬の副作用などがあるのですが、多くの場合はストレスが原因と言われているようです。

通常は更年期に見られるものなんですが、最近では若年性の卵巣機能低下症も珍しくないそうです。

若年性の場合、ほとんどが原因不明だとされていますが、最近の生活習慣からの低体温や運動不足などによって、卵巣に十分な血液が運ばれないためにその働きが鈍るといわれていたり、無理なダイエットや喫煙などの影響も考えられているようです。

高プロラクチン血症による排卵障害

プロラクチンとは脳下垂体から分泌されるホルモンで、乳汁の分泌を促す役割を担っているホルモンです。

妊娠すると、乳汁の分泌を促進して排卵を抑えるプロラクチンが多量に分泌されるわけですが、授乳をしている間はこのプロラクチンの分泌が高いので排卵が抑制されます。

授乳期に次の子供を妊娠しにくいように排卵を抑制するという、女性の体に自然に備わったシステムなんですね。

ところが、妊娠していないにもかかわらずこのプロラクチンの分泌が多くなり、さまざまな症状を起こして不妊症の原因となってしまうのがこの高プロラクチン血症です。

このプロラクチンの分泌が、授乳期以外でも高いと無排卵や生理不順、さらには流産の原因となることがあるようです。

その原因として、強いストレスや不安に不眠といった情緒不安定などの精神的なものから、体の冷えや血行不良、ホルモンのバランスなどが考えられているようです。

多嚢包性卵巣症候群による排卵障害

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)とは、卵巣を覆う皮膜が厚く硬いことで卵子が排卵しづらくなり、卵巣の中に卵胞がたくさんできて排卵が正常に起こらない病態のことです。

人の卵巣の中には卵子があり、卵胞という袋に包まれています。正常であれば、成熟した卵胞から28日周期で毎月一個ずつ卵子が排出され排卵が起こります。

ところが多嚢胞性卵巣症候群の場合、この袋が卵巣の中にたくさんできて排卵がきちんと行われないのです。

多嚢胞性卵巣症候群は、多数の卵胞がいっぺんに大きくなって未成熟のままで成長が止まってしまい、卵巣の中にそのまま残ってしまうのだといわれています。

じつは、女優の釈由美子さんもこの多嚢胞性卵巣症候群と診断されたそうですが、2016年6月12日に元気な男の子を出産されました。

だから、もし自分自身が多嚢胞性卵巣症候群と診断されたとしても、決して悲観することはありませんね。

子宮着床障害による不妊症

子宮着床障害とは受精卵が子宮内膜に着床しないことを言います。子宮筋腫があるなど子宮腔に問題がある場合と、ホルモンの異常で子宮内膜が充実しない場合の二つがあります。

また夫婦間での細胞の型が似すぎているとか、染色体の問題などによって着床しにくいという場合もあるようです。

1.黄体機能不全による子宮着床障害

排卵後は卵巣の中に黄体という組織ができ黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンには子宮内膜を厚くして妊娠に備えるという働きがあるのです。

ところが黄体の機能が不完全だと、ホルモンの分泌やバランスが悪くなって子宮内膜が厚くなり、受精卵の着床の準備をしてくれるホルモンが正常に分泌されなくなるわけで、そうなると受精卵が着床しづらくなったり、妊娠しても流産しやすくなったりするというわけです。

原因ははっきりとはわかっていないようですが、運動不足や冷えのため卵巣に十分な血液がいかず黄体の機能が働きづらいのと、ストレスや自律神経の乱れによって脳から黄体への指令がうまく伝わらないなどが考えられているとされてます。

2.子宮内膜の癒着による着床障害

子宮内膜がほかの臓器とくっついてしまう状態をいいます。クラミジアに感染したり、人工中絶・出産時の帝王切開などで処置や術後が不適切な場合や、子宮内膜症によって子宮内膜が癒着し、受精卵が着床しづらくなる可能性があります。

卵管や卵巣などの器官で子宮内膜の癒着ができると受精卵の着床を妨げてしまうので、子宮鏡を使って内膜をはがす施術がなされるようです。

3.子宮筋腫による着床障害

子宮の筋層や内部にできる良性の腫瘍を子宮筋腫といいます。でもそのすべてが着床障害に結びつくわけではなく、筋腫のある場所や大きさによります。

粘膜下筋腫といわれる子宮の内腔に突き出すようなものや、あまりにも大きくて卵管を圧迫しているなど、着床障害の原因になる場合には薬物療法や手術が行われます。

4.子宮奇形による着床障害

胎児形成期に問題があると子宮の形が変形したり、二つに分かれていたり、逆に片方の卵管としかつながっていなかったりと、子宮の形が生まれつき正常ではない場合があります。

奇形があっても問題なく妊娠、出産をされる方もいらっしゃいますが、ただ不妊の原因が変形が原因とみられる場合は、手術によって子宮の形を正常に戻す治療を受ける必要もあるようです。

5.子宮内膜ポリープによる着床障害

子宮内膜にできたイボのことで、ほとんどは良性の腫瘍です。子宮内膜は受精卵が着床するベッドのような役割をしていて、小さなものであれば月経時に自然と取れる場合もあるようですが、大きさによっては受精卵が着床しづらくなりますので手術で除去されるようです。

6.子宮内膜炎による着床障害

子宮内を覆っている子宮内膜が炎症を起こす病気です。原因は、大腸菌や淋菌などによる細菌感染なんだとか。ほとんどが子宮の入り口より侵入して感染するそうですが、まれにリンパ液や血液など、体の中からの感染もあるそうです。

卵管障害による不妊症

卵管というのは、排卵・受精・着床の一連の流れにおいて非常に大きな役割を担っています。排卵前になると精子を迎えやすくするために、卵管の中の粘液が増えて粘性が下がります。そして、卵子は排卵されると卵管に移動して精子と出会い、受精するとまた卵管を通り子宮へと移動するわけなんですね。

だからこの卵管に障害があると不妊症の原因となってしまうんです。卵管は細い部分ではわずか1ミリほどしか幅がなく、些細なことでもすぐに塞がってしまうことがあるようなんです。

だから卵管障害の方はとても多く、不妊症の原因のおよそ3割を占めるとも言われているそうですよ。

1.性感染症による卵管障害

クラミジアや淋病などの感染症にかかると、卵管の上皮細胞が傷ついてしまい受精卵を子宮に運ぶ線毛細胞も傷ついてしまうため、受精卵がうまく子宮に運ばれずに妊娠しづらくなってしまいます。

また感染が進み、卵管の外側にまで炎症が広がると癒着してしまい、卵管の運動が妨げられることで卵子が運びづらくなることで不妊の原因になります。

2.卵管の閉塞による不妊

骨盤内の炎症や、腟内の性感染症で引き起こされる卵管炎によって癒着を起こし、閉鎖、狭窄してしまうことがあります。両側とも卵管閉鎖になると、残念ながら夫婦生活や人工授精(AIH)などでの自然妊娠は望めないようです。