■ 禁煙の悩み

朝露のしずく

 かつて、タバコを吸う映画俳優のカッコよさにあこがれ、学校生活が終わるとほぼ同時に覚えたタバコ…。単なる好奇心から始めたものが、今ではすっかり、切っても切れない腐れ縁となってしまいました。

 朝起きたら先ずは一服。食事の後は、必ず一服 …。ウ〜ム、これが、また美味い。間がもてないときにも一服、そう、暇さえあれば一服したものです(笑)。

 また、逆に苦労したことだっていろいろありました。うっかりタバコきらしてしまったときなどは、たとえ、それが真夜中であっても、自動販売機へとまっしぐらに走って行ったことも …。

 人には内緒で吸い始め、こっそりトイレで 「フ〜ッ」 。窓から煙をパタパタと追い出し、タバコ臭さが残らないようにと神経使ったり、タバコを吸ったら必ずうがいをしたりと …。

 きっとあなたにも似たようなことがおありではないかと思います。

 ところが、時代の流れと共に喫煙そのものが嫌われる世の中になり、喫煙者が肩身の狭い思いをしながら社会生活を送らなければならない時代になりました。

 自由にタバコを吸える場所はほとんどなくなりました。まず、公共機関はすべて禁煙。たとえ、そこが外であっても、吸えない所がぞくぞくと …。逆にタバコはだんだんと値上がりしていく …。

ひまわり

 出掛けた先では、とにかくタバコを吸える場所を見つけてしまう自分がいて、会社へ行けばデスクと喫煙室を行ったりきたり …。 「風邪、ひいちゃった。」 と言って、咳をしながらでも、手にはタバコがしっかりと …(笑)。

 そんな困難にもめげず、喫煙街道を突っ走ってきたあなたも、やがて時が流れ、齢を重ねてくると、しだいに健康という二文字につき動かされ、禁煙を志すことになります。

 しかし、そんな苦労(笑)を乗り越えてきた猛者のみなさんです。禁煙はそんなに簡単にはいかないでしょう。

 ここでは、どういった禁煙法があなたに適しているのか、どうすればあなたが無事に禁煙に成功されるのか …。悩み・なやみ.comは、そのお手伝いをさせていただきたいのです。