■ 禁煙に成功するには

朝露のしずく

 先ず禁煙を始めるときは、同じ禁煙中の仲間をみつけていっしょに頑張るか、家族や友人に禁煙することを宣言してから始めると、いい結果が得られることが分かっています。

禁煙宣言をする

 自分の甘えによる挫折を防ぐには、これが一番の方法だと思います。ぜひあなたも、まわりの人に宣言してから初めるようにしましょう。

気分転換は必要

 さて、禁煙を始めると、まずモーレツにタバコが吸いたいくなり、次にイライラして落ち着かなくなったり、頭痛がするなど、程度の差はありますが、さまざまな禁断症状がでてきます。これらの症状は、ニコチンに依存していた身体の中から、ニコチンが抜けだすために起こったものなのです。

 こういった状態になったときには、深呼吸をしたり、少量の水を飲むだけでも効果があります。それでもダメな場合はノンシュガーガムなどを噛むとよいでしょう

病院

 また、睡眠不足のときは、よけいにイライラがつのります。睡眠は十分にとり、夜更かしや過度のアルコールの摂取は控えましょう。

 それでも、完全に「ニコチン依存」から脱却するまでには、いくつもの誘惑や、禁断症状が繰り返しやってきます。

この禁断症状は禁煙外来であれ、自宅禁煙であれまったく同じようにやってきます。そういうときは、あなたが禁煙を決意した理由や、いままでの禁煙中の努力を思い浮かべるようにしましょう。

 また、あなたが自分なりにイメージしているタバコの害について考えたり、医学書などで、タバコで汚れた肺の写真などを見てみることもひとつの方法です。

結局、成功するかしないかの最後の鍵は、あなた自身が握っていることを忘れないことです。さあ、頑張りましょう。ご健闘をお祈りします。