更年期障害症状 女性

女性の更年期とは、卵巣機能が衰えはじめ女性ホルモンの分泌が減少する40代半ばの、閉経を迎える前後の期間のことをいいます。

もちろん更年期の時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが50歳前後だといわれているので、45歳ぐらいからが更年期の時期の目安とされているようです。

女性が更年期を迎えると、卵巣の機能が衰え女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少することで、ホルモンバランスの乱れが起こります。このホルモンバランスの乱れが原因で起こる身体的、或いは精神的不調のことを更年期障害といい、自律神経失調症の一つだと言われています。

なぜなら、更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではなく、生活リズムが変わることによる精神的ストレスや、家庭や職場でのストレスなどによっても引き起こされるからなんですね。

更年期症状で頭を抱える女性

女性の更年期障害の身体的な症状としては、ホットフラッシュと呼ばれる体のほてりやのぼせ、スウェッティングと呼ばれる発汗にめまい、耳鳴り、動悸、或いは冷えなどがあげられます。

精神的な症状としては、イライラや不安、睡眠障害に記憶力の低下といったうつの症状がみられるようになります。

その症状の現れ方にも個人差があって、その人の体質や生活環境などによっても左右され、比較的楽な症状の方もいれば、中には寝込んでしまうほど重篤な症状が長期に渡って続くような人もおられるようです。

特に症状が重い場合や、症状が長期間続くときは重大な病気が隠れているという場合もありますので、そういうときは一度病院で受診されることをおすすめします。