更年期障害 薬

更年期障害 薬

更年期障害の治療法には、ホルモン補充療法や漢方療法、そして薬物療法などがありますが、更年期障害の可能性があると診断された場合には、その治療法によって処方される薬の種類も異なります。

更年期障害の治療法として主流のホルモン補充療法では、エストロゲン単剤やエストロゲン黄体ホルモン配合剤、黄体ホルモン製剤などの処方して女性ホルモンのエストロゲンを補充して症状の改善をはかります。

古くから取り入れられてきた漢方療法は、更年期による不快な症状を取り除きながら、原因となる女性ホルモンの減少に対応できる体を作るというのが目的です。

代表的なものとして、帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などがあげられますが、幅広い症状に対応し副作用も少ないのが漢方療法のいいところです。

その他の薬物療法として、更年期障害の症状がうつや不安感といった精神的なものが大きい場合に、睡眠導入剤や抗うつ剤、抗不安剤などの薬が処方されることがあります。

ただ、医薬品には症状を緩和させる効果もありますが、副作用を生じることも少なくありません。

ホルモン補充療法の副作用は、不正出血、乳房のハリや痛み、吐き気などがありますが、その場合は薬の服用頻度や量で調整をはかります。

また、エストロゲンのみを長期にわたり服用し続けると、子宮内膜が増殖して子宮体癌の危険性が高まるとも言われています。なので、一般的には黄体ホルモン剤を合わせて服用するようです。

副作用が少ないと言われている漢方薬ですが、これも全くないという訳ではありません。用法容量を守って服用することが重要です。

抗うつ剤や抗不安剤は、急激な眠気や倦怠感、口の渇きや頭痛といった副作用があります。また、依存症になりやすいことも注意点ですね。