不妊に悩む女性と男性の妊活を応援するサイトです

太りすぎや痩せすぎも不妊症の原因です

でも極端なダイエットはNGです!

妊娠したいと思っていても、「肥満」や「太りすぎ」は良くありません。 「肥満」や「太りすぎ」も、不妊症の原因のひとつと言われています。


太りすぎの割合が高くなればなるほど、ホルモンのバランスが崩れ、排卵障害を起こしやすくなり、無排卵になる確率が高いと言われています。


しかし、だからといって極端なダイエットをするのも良くありません。食事はあくまでも3食をきちんとバランスよくとることを心がけ、お菓子などの間食類はカロリーが高いので控えるようにして下さい。


急激なダイエットも「肥満」や「太りすぎ」と同様に卵巣や子宮に負担をかけ、ホルモンのバランス異常を引き起こし、無排卵や無月経などの不妊原因につながり、妊娠しやすい身体作りとは程遠い結果となってしまいますのでご注意下さい。


また、「太りすぎ」も「痩せすぎ」も正常なホルモンの分泌を妨げますので、標準体重を心がけるようにしましょう。



入浴する画像


標準体重の目安として、日本肥満学会方式の標準体重の計算方法があります。

    身長×身長×22=標準体重


たとえば、身長160cmの人の場合だと 1.6×1.6×22=56.32kg で、56.32kgが標準体重になります。


この計算式の22という数字は、病気になる確率がもっとも低いという疫学調査から導き出された値で、ボディマス指数(BMI)とよばれています。 身長と体重からボディマス指数(BMI)の値をだして、「太りすぎ」や「痩せ過ぎ」をチェックすることもできます。
    体重÷(身長×身長)=BMI値


この式から出たBMI値が20~24なら正常な範囲です。24を超えていたら「太りすぎ」ということで、20未満なら「痩せ過ぎ」ということです。



蛯原英里プロデュースのベビ待ち妊活サプリ!【amoamo】