不妊に悩む女性と男性の妊活を応援するサイトです

精力剤・滋養強壮剤

精力剤とは?

精力剤とは、主に更年期以降における男性を対象とした、精力増強のための薬剤及び一般食品の俗称であり、男性のED(勃起障害)、早漏や遅漏(射精障害)、性欲減退など、男性の性機能改善、精力を高めるために役立てるものを指しますが、女性に対する不感症、性欲欠乏などに効果を発揮するものもあります。


精力剤には大きく分けて医薬品に類されるものと、それ以外の食品(サプリメント、健康食品や清涼飲料水など)などがあります。


夜の営みの際、「エッ、どうしたんだろう、こんなはずじゃ…」と、いきなりご自分の精力の減退という現実を、目の当たりにされたことはありませんか?


事実、現代の日本人は、環境ホルモンや食生活の変化の影響などで、精力やスタミナが低下していると言われています。


生活習慣病ばかりが取りざたされており、この問題はあまり注目されてこなかったのですが、実はこれが非常に重要な問題であり、日本の少子化に一層の拍車がかかってしまったとも言えなくもないのです。



ガッツポーズをする画像


さて、この精力剤の役割はと言えば、大きく分けると、一つは加齢やストレス、喫煙などによる血流の停滞の改善をはかることで、末梢血管、とりわけ陰部に血流を促進させるためのもの。


さらには、同様にストレスやミネラル不足による性ホルモン分泌を抑制したり、あるいは産生物質不足により生じた精力減退に対して、性ホルモン分泌を促進させるものなどがあります。


最近よくネットの掲示板上を賑やかせている「蟻神王(ギシンオウ)」などは、前者のタイプといえるようです。


精力減退は、肉体・精神の疲労が主な原因ですので、その原因を取り除くことで、容易に回復は可能です。よく精力減退とED(勃起障害)を混同しがちですが、概念的には少々差異がありますので誤解しないよう、注意が必要です。


精力のキーワードは亜鉛です。人間の体の中では、精液の中に最もたくさん含まれ、精子の形成や不妊解消などにも重要な役割を果たしています。亜鉛を多く含む代表的な食品としては、牡蠣、レバー、納豆、チーズなどが挙げられます。


これまで、精力減退にはいろいろな方法や工夫がなされてきましたが、人それぞれの体力や体質、そしてその原因も様々であり、人によって効果がまちまちであり、必ずしもその本人に効果が現れるとは限りません。


これまでも精力剤として、東洋でも、西洋でも動物性の強精食品が珍重されてきました。代表的なものとして、ジャコウ、牛黄、マムシ、すっぽん、はぶ、タツノオトシゴ、動物のペニスなどが上げられます。


滋養強壮剤とは?

次に、滋養強壮剤ですが、「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことを意味し、「強壮」は精力を含め、「体を強く、元気にする」という意味です。


つまり滋養強壮とは、先天の気である体質の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることをいい、滋養強壮剤とは、体にエネルギーを蓄えるための栄養剤といえます。


滋養強壮剤は体の機能を補うだけではなく、もう少し頑張りたい、ここ1番でパワーが欲しい時に使われるのが普通で、まむしやオットセイ、ムイラプアマなどの強精生薬を主成分にした内服薬が主流です。


男の新世代サプリ「ゼノファーEX」 男の新世代サプリ「ゼノファーEX」