不妊に悩む女性と男性の妊活を応援するサイトです

性機能・勃起障害改善薬

糖尿病と性機能障害

糖尿病の男性が性機能障害を起こしやすいことは広く知られています。調査によってやや差がありますが、糖尿病男性の3~6割に性機能障害があるといわれています。


しかし、実際に治療を受けている人はずっと少ないのが現状です。その理由は、性機能障害は他の合併症と異なり、肉体的な苦痛がなく生命には関わりがないこと、医師に相談することの羞恥心、「若くもないのに今さら性機能障害で病院に行くなんて」といった、ためらいなどが考えられます。


では、どうして糖尿病を患うと性機能障害が起こるのでしょうか?


そもそも勃起状態とは、性的刺激などを受けることにより、自律神経の作用によって陰茎内部の海綿体というスポンジ状の組織内部の動脈が拡がり、多量の血液が送り込まれて、スポンジが膨らむように膨脹が始まります。


同時に、海綿体内の血液の出口にあたる静脈が、海綿体自体の膨脹によって圧迫され、血液が流れにくくなり、海綿体が膨脹したままの状態を維持することができるわけです。この状態が勃起です。


糖尿病で性機能障害が起こるのは、糖尿病で血管障害や神経障害があると、この一連の現象がスムーズに起こらないためで、症状として、全く勃起しない、起勃しても硬さが十分でない、起勃が長く続かない、などが上げられます。



薬のカプセルの画像


性機能・勃起障害改善薬を試してみよう

勃起機能改善薬といえば、バイアグラやレビトラ、シアリスが上げられます。


ここでは、古くから愛用されている安全な天然成分の改善薬をご紹介いたします。

これらの薬の効果を引き出すためには、十分な睡眠をとり、満腹時の服用は避け、やや空腹ぎみのときに服用する方がよいでしょう。


また、少量のアルコールを飲んだり(飲み過ぎは逆効果)、パートナーと協力して性的な刺激を楽しむなどの工夫をすることも大事です。



100%返金保証付きの活力サプリメント「GHプレミアム」