■ 人間関係を良くする

バイオレット

昔から以心伝心という言葉があるように、自分が好きだと思っていると自然に態度に出ますし、逆に嫌いだと思っていれば隠していてもまた態度に出るものです。

人間関係を良くするコツは、「相手のことを良く思う」ことです。

「相手のことを良く思う」具体的な方法としては
・相手が自分にしてくれたことを思い出す。
・相手のいい所を思い出す。
・相手の存在価値を思い出す。
などがあります。

また、関係を良くしたい相手と接する際には、好ましい気持ちで接することが大事です。

一つめは相手を気遣ったり、相手に何かをしてあげたいというような、「思いやりの気持ち」であり、二つめが、赤ちゃんと接する時などの「やさしい気持ち」で、そして三つめが、「感謝の気持ち」です。

こうした好ましい気持ちを持って相手と接することができれば、きっと関係はいい方向に向いていくでしょう。

そして関係を良くしたい相手には、挨拶とか基本的な会話などの会話の回数を、意図的に増やしていくことも重要です。

やはり会えば会うほど親密にもなるわけで、そうした中で次第にあなたという人柄が理解され、そして好感度がアップしていくわけです。

そして最後に、さらに良い関係を築くための方法として挙げられるのが、相手に貢献してやるということ。

しずく

たとえばその人に目標があるならば、その人の目標の達成の手助けをしてあげたり、相手が付き合いに求めているもの、たとえば楽しさ、やすらぎ、気分転換やストレス発散など、相手が望んでいたものをあなたが与えたとしたら、それはもうあなたは相手に対して大きな貢献をしたのです。

このような関係になれば、もうちょっとやそっとで人間関係が壊れることはありませんね。

このように、自分のできることや提供できるもので人間関係を構築していくのも大きなポイントです。あとは、自分がどれだけ貢献する気持ちになれるか、そしてそれを自分が喜んでやれるかどうかにかかっています。