お葬式のマナー

お葬式のマナー 喪主側の流れと手順

できれば、身内や親しい人の不幸は無いに越したことはありませんが、しかしながら私たちにとって、人の死というものは裂けて通ることはできないものです。

いざその時になって慌てずにすむよう、お葬式のマナーと常識は、あらかじめ身につけておくことをお勧めします。

葬儀社を決めておく

突然の事故であっても、闘病の末であっても、愛するご家族が亡くなるということは悲しいものです。

でもドクターとの話の中で、「最期のとき」のお話があった時点で葬儀社を決め、費用や段取りを決めておくようにします。

危篤の連絡を受けたら

病院からの危篤の連絡を受けたら、病院へ向かう準備をしながら、連絡しなければならない方にすぐに電話をしましょう。

特に故人と親しい方などに知らせなければならない場合などは、事前に携帯電話をチェックして、確認しておいた方がいいでしょう。

逝去されたら

悲しいときがやってきました。あなたがたは放心状態のままですが、病院の方は、ある意味事務的な感じで作業を進めていきます。

看護師さんによって処置や着替えが終わると、やがて霊安室へ…。

霊安室

霊安室へ案内するために、その病院の出入りの葬儀社の方がやって来ます。

この時点で、すでに故人は病院側から葬儀社へと引き渡されています。霊安室はだいたいどこの病院でも、最下層の離れたところに設けてあります。

それまでの病室からは一転しますので、あらためて故人の死というものを実感されることだと思います。

霊安室へ着いたらまず焼香を上げますが、おそらく付き添ってこられた葬儀社の方が先に焼香を上げ、これからの先の段取り(葬儀)の事を相談されます。

葬儀社が決まっていない場合は、そのままその業者に任せたほうがスムーズに進んでいくでしょう。

事前に葬儀社を決めている場合は、係りの方にそう述べた上でこれまでのお礼を言った上で、決めていた葬儀社の方に連絡するようにしましょう。

お寺さんへの連絡

菩提寺がある場合はお寺さんへ連絡し、枕経の依頼をします。このあたりは、分からないことがあったら葬儀社の方に遠慮なくお尋ねしましょう。

ご帰宅

葬儀社の手配の寝台車でご自宅へ。どうしても自宅に帰れないなど事情がある場合は、葬儀社の方に相談すれば、斎場の遺体安置所に送ってもらうこともできます。

ご遺体の安置の仕方

ようやく故人が永年住み慣れ、いちばん帰りたかった場所であるご自宅へと帰ります。(事情があって、斎場等の遺体安置所に行かれる場合はこの限りではありません。)

寝具は普段お使いになっていたものを使用しましょう。

突然であった場合はシーツなどは新しいものに取り替えておきましょう。

頭側が北になるよう(北枕といいます)寝具を整えておきます。尚、部屋の室温は下げておきましょう。

お線香の準備

基本的に葬儀社の方が段取りよく設置してくれます。

あなたは、生前お使いになっていた茶碗にご飯を山盛りにし、真ん中にお使いになっていたお箸を立て、枕団子をお供えします。(宗派によって異なる場合があります)

枕経

僧侶により枕経をあげて頂く。

その後お通夜や葬儀の日時、場所(斎場)などの予定を聞かれますので、お寺さんのご都合をお聞いた上で葬儀社と調整して正式に決定します。

けっして勝手に決めてしまわないようにしましょう。

納棺

一般的はいったん自宅の布団に安置した後、その日の午後あるいは翌日に近親者や宗教者の立ち会いのもとで遺体を納棺します。

納棺に先立って遺体処置をすることがあります。

葬儀のお見積りや確認

「いったい全部でいくらぐらい葬儀費用がかかるのか?」これはとても気になるところです。

そこで、葬儀費用はどのようなものがあるのか、内訳を書き出してみました。

  • 葬儀社に支払う費用
    祭壇・棺・遺影写真・葬儀進行等の人件費など、葬儀社に支払うもの。
  • 立替金
    斎場使用料、火葬料、返礼品など葬儀社が喪家に代わって立て替えた費用。
  • 斎場へ支払う費用
    自宅以外で葬儀を行う際に斎場を利用した場合のその費用。
  • お布施

通夜・葬儀の日時・斎場を決める

先ず、お寺さんの都合、斎場、火葬場と決めていきます。

親族の皆さんの都合もあるでしょうが、ここは仕方がありません、そちらが絶対優先です。

お通夜当日

納棺→斎場到着(通常お通夜1時間前くらい)→お通夜→お通夜ぶるまい→終了

葬儀・告別式当日

斎場到着(通常葬儀1時間前くらい)→葬儀・告別式→火葬→お骨上げ→精進料理→ご自宅

お香典の整理

これは葬儀後にやってくる大きな大きな仕事です。

葬儀当日に受付の方がチェックはしているものの、お香典帳と金額が合わなかったり、住所未記入・文字が見えないetc・・・とか。けっこう大変な作業です。

【香典返し】や【喪中ハガキ】のリストになるものですから、しっかりと整理したいものです。

パソコンができる方にお願いし、エクセルデータにまとめておくのもおすすめです。

葬儀後にかかりそうな出費の確認

  • 仏壇・位牌
    仏壇の種類は多種多様あります。現代の家庭環境にあった家具調現代仏壇も数多くあり、選択肢が広がっています。値段も15万円~あります。
  • お墓
    こちらは場所や費用も考慮しなければならず、新しくお墓を求める方にとっては非常に厄介な問題です。
    それではお墓が無い人はどうすればよいのか?東京のお寺さんのお墓は高く、公営墓地も何倍もの競争倍率。民間墓地になると郊外へと探さなければならず、時間もかかります。
  • 忌明け法要(49日法要)
    葬儀が終わったらすぐに日時を決定いたします。49日前の土日が多いようです。平日は皆さん仕事ですから・・・。
    法要案内状が一番丁寧ですがご親戚の方中心なら電話でもかまいません。とにかく参列者の人数を把握します。
    法要後の会食の準備をします。お寺さんで召し上がる場合はお寺さんにその旨を伝えます。
    お寺さんではなく、別のこぎれいなところで・・・とお考えの方は、なるべく移動に手間取らない場所をさがします。

【格安葬儀】資料請求プログラム

 

お葬式のマナー 参列者側

お葬式は突然訪れてしまう不足の事態です。故人の冥福を祈る儀式なのですが、やはりそこには、マナーやしきたりがあります。

突然の訃報にも慌てる事がないようにマナーやしきたりはしっかり心得ておきたいものです。

また、喪服がクリーニング屋さんに預けっぱなしだったなどということがないよう、普段から用意をしておきましょう。

訃報の知らせを受けた時

まず、遺族の気持ちを考え、「ご愁傷様でございます」「お悔やみ申し上げます」と心を込めてお悔やみの言葉を述べましょう。

その段階ではまだ決まっていないかと思いますが、もし通夜や葬儀の日時と場所(斎場)などが決まっていたらしっかりと記録する。

まだ決定していない場合は、決定次第連絡もらえるようにお願いしましょう。

弔問

訃報が親しい間柄の人であった場合、時間や都合が許す限り、すぐに駆けつけてあげましょう。

また、親しい人であれば、お手伝いなどを申し出るのもいいでしょう。

このときに気を付けたいことは、派手な服装であったり、いきなり喪服で行くようなことがないようにしましょう。

また、この段階では香典も必要ありませんので気を付けましょう。

お通夜

葬儀の服装は、黒を主体にすることは言うまでもありませんが、お通夜での服装は必ずしも黒でなくても地味なグレーや濃紺などでも構いません。

お通夜とは本来、とりあえず駆けつけるというものなのですから…。

しかし昨今は、お通夜にも喪服で参列する人が、多くなっているような傾向にあります。

お通夜の開始10分前には受け付けを済ませるように余裕をもって出かけるようにしましょう。

受付で係の人にお悔やみの言葉を述べ、記帳して香典を差し出します。

もし、葬儀や告別式に出席できないので、お通夜に出向いた場合は、僧侶の読経が終わったらすぐに退席するのが一般的となっています。

お線香をあげるとき

お通夜で行われるのは線香焼香です。

日ごろ、家庭でのお仏壇に礼拝したり、お墓参りなどと同じで、焼香に線香を用いるものです。

遺族、僧侶と一礼し、焼香台に進んだあとは遺影に向かって一礼します。

かるく手を合わせたら、右手で線香を1本取り、灯明に近づけ火をつけます。

火を消す場合は、左手でかるく払うか、右手に持ったまま下にスッと引いて消します。けっして息で吹き消さないようにしましょう。

通夜ぶるまい

通常お通夜で焼香が終わると案内係りの方が、通夜ぶるまいの席をご案内致します。

通夜ぶるまいとは、故人の供養と、会葬者に対するお礼とお清めのための意味もありますので、遺族からすすめられたら、断らずに席につくのがマナーですが、ころあいを見て退席しても失礼にはなりません。

葬儀・告別式でのマナー

通常、葬儀から告別式へと、二つは続けて行なわれます。

葬儀が遺族、親族、近親者のみで行われるもので、告別式は、亡くなった人にお別れをするもので、一般の人も参列するものです。

葬儀に参列する場合は、できるだけ早めに到着しておきまよう。

受付でお悔やみを述べたら記帳し、香典も差し出しますが、お通夜で渡している場合は記帳だけで結構です。

告別式だけに出席するのであれば、時間内に会場へ行き、係りの案内に従い焼香の順番を待ち焼香を終えます。

告別式での焼香は、抹香焼香といい、粉末のお香をつまみ香炉に落としていくもので、いちばんポピュラーな焼香です。

告別式などで会葬者が多い場合は、焼香に長い列ができることもあります。自分の番が近づいたら、スムーズに動けるよう用意をしておきましょう。

自分の番がきたら心を込めて焼香し、故人のご冥福を祈ります。

焼香の仕方

  1. 遺族、僧侶に一礼し、焼香台の前に進んだら遺影に向かってかるく一礼します。
  2. 抹香を、右手の親指、人差し指、中指でつまみ、かるく頭を下げながら目の高さまでかかげたあと、香炉の上へと持って行き、静かにパラパラと落とします。
  3. 一歩下がって合掌し、故人の冥福を祈ります。その場で深く一礼し、僧侶と遺族にも一礼して自分の席に戻ります。

出棺

告別式が終わると出棺となります。

出棺は、一般会葬者が故人を見送る最後の場です。焼香が済んだからといってすぐに斎場を出ず、急用でもない限りは、出棺を見送るのが礼儀です。

霊柩車に棺が納められ、出発したら合掌、黙とうをして冥福をお祈りします。

また、特に親しかった方は、遺族にすすめられて火葬に立ち会う場合もありますが、出棺したら係員の指定する車に乗って火葬場に向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA