更年期障害

更年期障害症状 女性

女性の更年期とは、卵巣機能が衰えはじめ女性ホルモンの分泌が減少する40代半ばの、閉経を迎える前後の期間のことをいいます。

もちろん更年期の時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが50歳前後だといわれているので、45歳ぐらいからが更年期の時期の目安とされているようです。

女性が更年期を迎えると、卵巣の機能が衰え女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少することで、ホルモンバランスの乱れが起こります。このホルモンバランスの乱れが原因で起こる身体的、或いは精神的不調のことを更年期障害といい、自律神経失調症の一つだと言われています。

なぜなら、更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではなく、生活リズムが変わることによる精神的ストレスや、家庭や職場でのストレスなどによっても引き起こされるからなんですね。

女性の更年期障害の身体的な症状としては、ホットフラッシュと呼ばれる体のほてりやのぼせ、スウェッティングと呼ばれる発汗にめまい、耳鳴り、動悸、或いは冷えなどがあげられます。

精神的な症状としては、イライラや不安、睡眠障害に記憶力の低下といったうつの症状がみられるようになります。

その症状の現れ方にも個人差があって、その人の体質や生活環境などによっても左右され、比較的楽な症状の方もいれば、中には寝込んでしまうほど重篤な症状が長期に渡って続くような人もおられるようです。

特に症状が重い場合や、症状が長期間続くときは重大な病気が隠れているという場合もありますので、そういうときは一度病院で受診されることをおすすめします。



専門ドクターと共同開発【エクオール+ラクトビオン酸】
 

更年期障害 サプリメント

更年期障害の症状にも個人差があり、軽い場合はいいのですが、日常生活に支障が出たり、気持ちの面でも落ち着かない状態が続くときは、我慢せずに医師の診断を仰いだ方がいいかもしれません。

でも、できれば病院にかからずに治したいという方や、しばらく様子を見てみたいという方が多いのも事実です。

そういう方には、女性ホルモンのバランスを整える更年期障害対策のサプリメントがおすすめです。

更年期障害対策のサプリメントとは、大豆イソフラボン(エクオール)、サポニン、プラセンタ、マカ、セサミン、ぶどう種子ポリフェノールなどが配合されたもので、これを摂取することで更年期障害の症状が改善された事例も多々あるようです。

女性が更年期を迎えると、卵巣の機能が衰え女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少することで、ホルモンバランスの乱れが起こります。このホルモンバランスの乱れが原因で起こる身体的、或いは精神的不調のことを更年期障害といい、自律神経失調症の一つだと言われています。

おすすめなのは、株式会社アドバンスト・メディカル・ケアが専門ドクターと共同開発した「エクオール+ラクトビオン酸サプリメント」です。

おすすめのポイントは、大豆イソフラボンを進化させたエクオールが直接摂取できることはもちろんなんですが、何よりもひと月分で摂取するエクオールの含有量で比較すると、更年期障害対策のサプリメントの中では価格が安いことです。

サプリメントを選ぶ際にいちばん重要なことは、その効果の有無は当然ですが、できるだけ続けていける価格であるかというのが重要ですよね。

3か月の定期コースで購入するのが得なんですが、今だとさらに1000円も得です。

「エクオール」は1日の摂取量の目安が10㎎ですから、定期コースだと1日あたり価格は173円となります。いつでも解約できるので、単品で購入するよりも定期コースがおすすめですよ。

詳しい内容は公式ホームページで⇒お求めはこちら

更年期障害 薬

更年期障害の治療法には、ホルモン補充療法や漢方療法、そして薬物療法などがありますが、更年期障害の可能性があると診断された場合には、その治療法によって処方される薬の種類も異なります。

更年期障害の治療法として主流のホルモン補充療法では、エストロゲン単剤やエストロゲン黄体ホルモン配合剤、黄体ホルモン製剤などの処方して女性ホルモンのエストロゲンを補充して症状の改善をはかります。

古くから取り入れられてきた漢方療法は、更年期による不快な症状を取り除きながら、原因となる女性ホルモンの減少に対応できる体を作るというのが目的です。

代表的なものとして、帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などがあげられますが、幅広い症状に対応し副作用も少ないのが漢方療法のいいところです。

その他の薬物療法として、更年期障害の症状がうつや不安感といった精神的なものが大きい場合に、睡眠導入剤や抗うつ剤、抗不安剤などの薬が処方されることがあります。

ただ、医薬品には症状を緩和させる効果もありますが、副作用を生じることも少なくありません。

ホルモン補充療法の副作用は、不正出血、乳房のハリや痛み、吐き気などがありますが、その場合は薬の服用頻度や量で調整をはかります。

また、エストロゲンのみを長期にわたり服用し続けると、子宮内膜が増殖して子宮体癌の危険性が高まるとも言われています。なので、一般的には黄体ホルモン剤を合わせて服用するようです。

副作用が少ないと言われている漢方薬ですが、これも全くないという訳ではありません。用法容量を守って服用することが重要です。

抗うつ剤や抗不安剤は、急激な眠気や倦怠感、口の渇きや頭痛といった副作用があります。また、依存症になりやすいことも注意点ですね。



専門ドクターと共同開発【エクオール+ラクトビオン酸】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA