睡眠の悩み

睡眠の悩みを抱えている人は、意外に多いことに驚かされます。ひと口に睡眠の悩みと言いましても、「なかなか寝つかない」「眠りが浅い」「寝起きがスッキリしない」など、その悩みは人それぞれのようです。

しかし、眠れないことによって、翌日の仕事にまで影響するようになると、これは由々しき問題です。睡眠障害は、別の病を引き起こす要因ともなりますので、なるべく早く解決することが大事です。

病院へ行くのはなんだか抵抗がある。でも、できれば自宅にいながら専門的な知識が得られたら、と考えている人は少なくないと思います。最近ではネットで簡単に知識を得ることができるようになりました。是非、早めに解決されることを望みます。

さて、よく1日8時間の睡眠をとらなくては、疲労が回復しないと言われますが、それは本当なのでしょうか。

睡眠に関係した生理学の専門書に、1日40分しか眠らなくても支障のない人がいたそうで、それが本当だったことは24時間の監視カメラでも実証されています。 ですから、1日8時間眠らなくては疲れがとれないとか能率が上がらないなどということはないといえます。

大事なのは睡眠時間ではなく睡眠の質です。人によって必要な睡眠時間は大きく違い、4時間で十分な人もいれば9時間必要な人もいるわけです。

しかし、実のところ、いつもより睡眠が不足すると、ボーッとしたり気分が悪く感じることがあります。

これは、体の慣れというものが支配しているといえます。 布団の中で横になることで内蔵の血流量が増えることで、体温維持が楽になり、体の疲れもとれやすい環境であることは確かです。布団で横になることは体の疲れをとるためには必要ですが、必ずしも眠らなければいけないというわけではないようです。

要は何時間の睡眠であろうと、朝起きた時にさわやかに眼がさめればいいと、考えたほうがいいのではないでしょうか。


メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」

メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA