ペット 肥満

ペット 肥満

最近よく聞くようになった、メタボリック・シンドローム…

人間社会だけのできごとだと思っていましたが、いまや肥満は先進国の犬や猫に共通する健康上の問題となっています。

肥満というのは、一般的に体脂肪率が増加した状態のことをいい、理想体重よりも15%以上重い状態になると肥満という位置付けになるようです。

肥満そのものが病気であるかどうかというのは、識者によっても様々で意見が分かれるところなのですが、そのまま放置していると心臓や肝臓などの内臓疾患をはじめ、糖尿病や関節炎に皮膚病といった様々な病気を引き起こす原因となるので大変深刻な問題なのです。

言葉を話せない犬や猫は自分の症状も伝えられないし、もちろん食べる餌だって選べません。たとえ、「こんなゴハン、嫌なんだけど…」とペットが考えていたとしても食べざるを得ないのです。

そうなると、やはりオーナーであるあなたや、あなたのご家族がペットの健康状態や栄養状態をこまめにチェックしてやる責任と義務があるわけなんですね。

ペットのオーナーの方とお話しすると、よく「ペットは家族」と言う言葉を聞きます。時には「順番でいけば旦那よりも上かな?」という声さえも…。

わたしもペットを飼ってますので、この気持ちはよく分かります。

でもご存知ですか?こういった方々がとくに、知らず知らずのうちにペットを肥満へといざなっていることを…。

愛情を注ぎすぎるが故に、誰もが陥ってしまう食事の与えすぎ…。

あなたの大事な家族に、うんと長生きしてもらうためにも、適切な食事量を心がけるようにしましょうね。

肥満が引き起こす弊害

現在、肥りすぎのワンちゃんやネコちゃんが増えていると申しましたが、最近の調査によりますと、動物病院に来院するワンちゃんやネコちゃんの、約3割が肥満傾向にあるということです。

今現在が肥満にはあたらなくても、その、少しの体重オーバーがしだいに肥満へと移行し、やがて多くの病気の原因となる可能性を含んでいます。

肥満になると、気づかないうちに、糖尿病をはじめとする生活習慣病、心臓血管系の疾患(高血圧等)、腫瘍(癌等)骨格系の疾患(関節痛等)、のリスクを背負ってしまうことになります。

肥満した動物の心臓というのは、その大きくなった体に十分な血液を供給するためには、余分な負担を強いられることになるわけです。毎日休みなく働き続けている心臓が無理をすればするだけ心臓の老化は加速し、心臓病になりやすくなります。

さらに、肥満した動物は、体を動かすたびにその体重を支え続けなければならないため、足腰の老化は非常に早く、肘や膝の変形性関節症に罹ってしまうことが多くなります。これはかなり痛みをともなうので、ペットたちにとってはつらい病気になります。

また、肥満の動物は糖尿病になる確率が高いといわれています。これは脂肪代謝に関わっている膵臓に、肥満によって負担がかかりすぎるためであろうと考えられていますが、動物の糖尿病も人間同様、生死にかかわることが多く注意が必要です。

その他にも皮膚病になりやすい、椎間板ヘルニアを起こしやすい、呼吸器の疾患に罹りやすい、頑固な便秘になりやすい、脂肪肝や肝硬変になりやすいといった弊害を引き起こします。

愛するペットとの別れは悲しいものです。その日はやがてやってくるのですが、飼い主のエゴで命を縮めるようなことはしたくありませんよね。

できるだけ長生きしてもらいたいと思うのならば、節度ある飼い方を心がけるようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA