デリケートゾーンの匂いとトベラ臭

女性のデリケートゾーンの臭いの悩みというのは、同性の友人であってもたとえ親であったとしても相談しづらいものですよね。

私はそんなデリケートゾーンの臭いを、こっそりと誰にも知られることなく密かに治すことばかりを考えてました。

皆さんはトベラという言葉を聞かれたことがありますか?いいえ、トベラよいうのは性病ではありません。

じつはトベラとは、女性のデリケートな部分の独特の臭いのことを指す隠語なのです。

このトベラという言葉を、以前私は大好きだった人から言われたことがあります。いいえ、面と向かって言われたわけではありませんが、二人の間を取り持ってくれた友人からこのトベラという言葉を聞きました。

その時はトベラという言葉の意味も知らず、「トベラってなに?」ってその友人に聞くと、友人が言いにくそうに「あそこが臭(くさ)い人のことをトベラって言うみたい」と言ったときを今でも忘れません。

どうやらトベラとは、医学的な用語では外陰部臭症(すそわきが)といって、腋の下から独特の臭いがする腋臭症(ワキガ)と同じように、デリケートゾーンからワキガの臭いがする状態のことを言うようです。

そこでトベラというものを自分で調べてみると、本来トベラというのは非常に臭いが強い植物のことをいうようで、その植物のトベラの強い臭いが外陰部臭症の女性のあそこの臭いとよく似ていることから、デリケートゾーンが強く臭う女性のことをトベラというようになったようです。

ということは、トベラのようなデリケートゾーンの強い臭いで悩む女性は、昔から意外に多かったということなのかもしれませんね。

日本語では花の香りや香水などは匂いと書きますが、一方不快な香りの方は臭いと書くようです。
臭いは臭(くさ)いとも読みますから、デリケートゾーンも臭いではなく匂いと表現されるようにありたいものです。

トベラ、いわゆる外陰部臭症とは、デリケートゾーンのアポクリン腺から発生する臭いが強い症状のことで、男性よりも女性のほうに多く見られることから、女性に対してトベラという言葉が使われているようです。

特にアポクリン腺の活動は性的な興奮によって活発になるそうで、セックスの時には交感神経の活動やアドレナリンの分泌が高まるので、よりトベラの臭いが強くなるんですね。

あまりにもトベラ臭が気になるので、思い切って病院へ行って治すことを考えたこともありました。でも、いくらお医者さんでもトベラの相談をするというのを考えただけで恥ずかしく、結局行くことはできませんでした。

ワキガと同じように、外科手術でデリケートゾーンのアポクリン腺を除去するという方法もあるようですが、完全に臭いがなくなるとは限らないようです。それに場所が場所なだけに、なかなか難しいようです。

結局のところ、いろいろ考えましたがいやなトベラでも、私は身体にメスを入れないでトベラを治すという方法を選択しました。だってセックスの時あそこが臭かったら、どんな絶世の美女だって百年の恋も冷めてしまうはずですからねw

同じくトベラの臭いで悩んでいる方に、私のこれまで経験とトベラ臭を治すお手伝いをしてくれるアイテムなどをご紹介しています。少しでも皆様のお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA