ニキビ 種類

ニキビの種類

大きく分けて思春期のニキビと大人ニキビ(吹き出物)とに分かれ、更に細かく発生から治癒までの悪化の段階によって、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ(炎症ニキビ)・黄ニキビ(化膿ニキビ)に分類されています。

赤ニキビと黄ニキビは跡が残ってしまう場合があるので要注意です。また、顔だけには限らず背中やおしりなど様々なところにできます。

◇ 白ニキビ
白ニキビはニキビの初期の段階で、毛穴につまったコメド(角栓)が表皮を盛り上げている状態で、毛穴が閉じたまま皮膚に発疹がポツポツとみられ、閉鎖面皰ともいわれます。この段階での早めのケアが非常に重要だといえます。

◇ 黒ニキビ
毛穴につまったコメド(角栓)が毛穴を押し広げて、空気に触れて皮脂が酸化し、中にたまった皮脂や汚れが黒っぽく見えてしまう状態で、開放面皰といわれます。

◇ 赤ニキビ
この赤ニキビが一般的に私たちが想像するニキビといえます。白にきびや黒にきびの症状がさらに進行したもので、アクネ菌が毛穴に詰まった皮脂を栄養として異常増殖し、赤い発疹がポツポツと腫れ上がった状態になります。 この赤ニキビの状態のまま永く放置しておくと、皮膚が傷つき、みかんの皮のようなディンプル状態の肌になってしまいます。

◇ 黄ニキビ
赤ニキビがさらに悪化して化膿した、つまり膿(うみ)をもった状態のことです。 この状態はにきびの最終段階とも言える状態で、ここまで悪化してしまうと、多くの場合炎症が治まった後もニキビ跡のクレーターのような跡が残ってしまいますので、この状態になったら、素人療法ではなく、きちんとした皮膚科や病院で治療してもらうことをお勧めます。

【お試し3900円】CMでおなじみのニキビケア、プロアクティブが30日トライアルセットを発売中!ニキビケアを始めるなら今♪