■ アンチエイジングとは

「アンチエイジング」・・・・そんな言葉を耳にするようになったのは、ここ数年の事ではないかと思います。

アンチ(抵抗する)、エイジング(加齢)、日本語に直訳すると「抗老化」「抗加齢」「若さを保つ」などというような意味になりますが、アンチエイジングとは一体何なのでしょうか。

わかりやすく言えば「時計の針をもどす、時計の進み方を遅くするための手段や方法」といったところでしょうか。

最近では医療の分野で「予防医学」の重要性というものが認識されてきたことにより、その一環として予防医療での「抗老化(アンチエイジング)」が注目されつつあります。

もちろん老化自体をストップさせることなんてできませんが、若々しく健康的なライフワークを送るということは、アンチエイジングにつながる第一歩ということになるでしょう。実際の年齢よりも一歳でも若く見られたら、ほんとに嬉しくなってしまいますよね。

「アンチエイジング」はここ最近誕生したばかりの新分野ですが、それぞれの分野で多くの専門家が調査・研究に着手しており、いまや美容科学の最先端の分野に取って代わろうとする勢いです。アンチエイジングの対象が、肌のみでなく毛髪、歯科、そして体内にまで及んでいるからです。

年齢より老けて見えてしまうのはシワやたるみといったお肌の状態だけでなく、緩んでしまった口元や、抜け落ちたまま隙間だらけの歯、白髪や薄毛(AGA)といった毛髪の悩み、柔軟性のなくなった身体、痛む関節、さらには頻尿・尿漏れなどの身体機能の衰えのみならず、心の中の問題に至るまでさまざまな原因があります。

医学的な治療行為はもちろん、これらの悩みを少しでも軽減させたり、防いだりする事、また、こういった解決法があるんだという安心感で、心の負担や悩みを取り去る事もアンチエイジングの効果のひとつです。