■ 洗顔の基本ケア

◇ 美肌になりたい…キーワードは「洗顔」

年齢を感じない美しい肌になるための一番の近道。それはあなたがいつも、なにげなくおこなってきた洗顔を見直すことです。

いくらお肌に良いといわれる化粧水やクリームを使っていても、汚れた肌に塗りこんでも効果はないということは、あらためて言わずともお分かりのことだと思います。

しかし、あわただしい毎日を過ごしていると、この事実をわたし達は次第に忘れていってしまい、ついつい、化粧品に頼ってしまうことになるのです。

正しい洗顔方で、しっかりと汚れを落とすことによって、あなたの愛用の化粧品もおどろくような効果をもたらしてくれることでしょう。

◇ 正しい洗顔の仕方

1.髪の生え際などに、洗顔料などが残るようなことがないように、必ずヘアバンドなどで髪の
  毛が邪魔にならないようにします。

2.洗顔のときのお湯の温度はぬるま湯で、先ずこすらずに、濡らすように肌表面に付いた大
  きな汚れだけを落とします。水で洗うと毛穴が閉じてしまって、毛穴の汚れが落とせないの
  で、必ずぬるま湯を使うようにしましょう。

3.洗顔料を手に取り細かく泡立てます。洗顔料を直接顔にのせるのはタブーです。必ず自分
  の手に取り、市販の泡立てネットなどを利用して、しっかり泡立てをすることが重要です。キ
  メの細かい泡が、毛穴の中の汚れをしっかり取ってくれるのです。

4.しっかり泡立った洗顔料を手に取り、こするのではなく泡を転がすように洗います。手が顔
  にあたらず、泡で顔を撫でるようにするのがポイントです。これで肌を傷つけることなく、毛
  穴の汚れをしっかり取ることができます。

5.すすぎは溜め水では行なわず、必ず流水で洗います。この場合もゴシゴシとこするような
  ことなく、しかも洗顔料が残らないよう、しっかりとすすぎ洗いをするのが大事です。

6.仕上げはタオルでやさしく水分を吸い取ります。当然ここでもゴシゴシ拭くようなことはしま
  せん。タオルを押し当てて、優しく水分を取ってあげましょう。これで完璧です。