■ 水虫の基礎知識

◇ 水虫の基礎知識

水虫は「白癬菌(はくせんきん)」という真菌(カビ)が原因で起こる感染症の一種です。白癬菌は、皮膚の角質の成分であるケラチンを好みケラチナーゼという酵素でケラチンを溶かし、栄養源にして角質層に寄生しています。また、水虫はほかのカビと同様に高温多湿を好みますので、ジメジメして蒸し暑い梅雨時期から夏場にかけて、白癬菌の活動の最盛期を迎えます。また靴や靴下を長時間履き続けていると、皮膚が汗ばみ蒸れた状態になります。女性は特に長いブーツを履いているのでこの時期水虫を気にされる方が多くなります。そのような皮膚は、白癬菌にとって格好の住み家となってしま…


◇ 水虫の種類

●足白癬(俗称:水虫)土踏まずや足の縁にできるものを「小水疱型」、足の裏全体やかかとにできるものを「角質増殖型」、足の指の間にできるものを「趾間(しかん)型」という。●頭部白癬(俗称:しらくも)白癬菌が頭に寄生し、白い雲がかかったようになることから「しらくも」とも呼ばれる。飼っているペットから感染する場合がある。●体部白癬(俗称:たむし)「小水疱性斑状白癬」ともいい、形が銭に似ていることから「ゼニタムシ」といわれています。初めはぽつんと湿疹状の隆起がかゆくなり、徐々に10円玉くらいの大きさに広がっていき、健康な部分との境界がはっきりした斑状になる。症状が進…


◇ 家庭でできる水虫治療

水虫はその症状や病気の性質上、人に内緒にすることが多く、治療するのも病院より家庭でおこなわれることが多い皮膚の病気です。なかなか治療には根気がいりますが、正しい知識にもとづいて治療をおこなうと、家庭の治療でも十分に治せるものです。水虫の治療は、抗白癬剤の外用療法をおこないます。一般に早期治療をおこなうほど、早く治ります。市販の抗白癬剤は、診断が正しければ、よく効きます。一日2〜3回、就寝時は忘れないで塗ってください。また中断するようなことなく塗ってください。水虫治療時の注意ここで注意していただきたいのは、抗白癬剤をつかっても、かゆみがとれな…