■ ニキビの基礎知識

ニキビにはいろいろな原因が考えられますが、基本的には皮脂の分泌が盛んな毛穴にアクネ桿菌を始めとする細菌が繁殖して起こる炎症です。

アクネ菌はブドウ球菌と並んで皮膚に一番多く存在している菌で、体でも皮脂が多い部分である顔や胸や背中などに多く存在しています。ということは、逆に考えると顔や胸、背中というのはニキビができやすい場所ともいえるわけです。

アクネ菌は皮脂を栄養にしていて、増殖しすぎると皮膚の炎症を引き起こします。こうして皮膚が化膿してしまった状態がニキビになります。

ではこのアクネ菌はどこからやってくるのでしょう。実はアクネ菌は皮膚の常在菌として毛穴に存在しているんです。普段は肌の酸性度(健康な肌は弱酸性です)を保つ働きをしてくれているんですが、それが過度に増殖すると炎症を引き起こしてしまうのです。

アクネ菌が過度に増殖するのは、空気の存在が関係しているといえます。そもそもアクネ菌というのは嫌気性細菌と言って、空気を嫌う細菌ですから、常に肌に存在していてもすぐにニキビになることはありません。皮脂や角質の汚れなどで毛穴が詰まり空気に触れなくなってくると、どんどん元気になって増殖していくのです。

だから、私たちにはいつでもニキビができる可能性があるのです。

よく、ニキビをつぶしてしまう方を見受けます。ニキビができたら気になるのは分かりますが、つぶすことは肌を傷つけている行為に他なりませんから、絶対にやめるようにしましょう。
大切なのはニキビ跡を作らないためにも正しい治療方法できちんとニキビを治すことです。

【お試し3900円】CMでおなじみのニキビケア、プロアクティブが30日トライアルセットを発売中!ニキビケアを始めるなら今♪

ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen