■ 細胞の酸化(フリーラジカル)

金属が錆びる、食品や食用油などが変質するなど、物質は長時間大気中に放置されると酸化することはご存知かと思います。

それと同様に私たちの細胞や肌も金属や食品と同じように酸化していきます。

酸素は私たちの生命の維持に欠かせないものではあるのですが、その反面、体内に取り込まれた酸素の一部が変化した活性酸素は、脂質と結合して細胞を酸化させていく問題児でもあります。

特に活性酸素は太陽光の中の紫外線を浴びたり、大気が汚染された環境で生活したりすると、非常に発生しやすくなります。また、喫煙の習慣やストレスを感じたりすることでも、発生しやすくなります。

活性酸素には、健康な分子から電子を奪い取り、細胞の構成分子を傷つける働きがあります。そして、細胞のあらゆる部分にダメージを与えます。また細胞内の脂肪を傷つけることもあります。

皮膚が酸化すると「過酸化脂質」という物質が生成され、それが蓄積されていくと細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていくのです。

細胞の酸化を防止するためには、活性酸素の発生を促してしまう、ライフスタイルの改善が不可欠となってきます。

できるだけ強い日差しを浴びないこと、禁煙をすること、ストレスを感じないような生活を心がけること、そしてバランスのとれた食生活が大切です。