不眠症 原因

不眠症の原因

不眠症の原因としては次のようなものがあげられます。

  1. 身体的症状が原因
    体の痛みやかゆみ、呼吸困難などによって眠れない状態です。
    例えばアトピー性皮膚炎や睡眠時無呼吸症等があります。 不眠の原因となるような身体疾患がある場合は、まずその疾患の治療を行わなければいけません。

  2. 心理的ストレス
    最も多い原因です。悩み事や精神的なストレスやショックを感じていることによって、自律神経が乱れ、眠ることができない状態です。
    身近な人の死などの喪失体験による不眠などがこれにあたります。しかし、このような不眠は多くの場合、時間が経てばその状況に慣れて眠れるようになるのが普通です。

  3. 睡眠時の環境
    枕や布団が合わない事や、騒音、部屋の明るさ、温度、湿度などが原因で眠れない状態です。

  4. 精神医学的
    ノイローゼ、うつ病、精神分裂やアルツハイマー型痴呆のような脳の器質性疾患等の症状により眠れない状態です。
    精神病の多くでは、発症の初期や再燃期によく不眠を伴います。

  5. 薬物が原因
    コーヒーなどのカフェインを含む飲料やアルコール、薬などの影響で眠れない状態です。
    コーヒーは一般によく知られているのですが、アルコールや抗精神病薬、抗うつ薬等でも不眠を生じることはあまり知られていません。
メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」 メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」