不眠症 分類

不眠症の分類

不眠症は、症状によって大きく4種類に分けられます。

  • 【入眠障害】
    眠ろうとしてもなかなか眠れないという、いわゆる「寝つきが悪い」といわれるものです。横になってから実際に寝付くまでの時間に、個人差がありますが、30分~1時間以上かかる場合と定義されています。これが何日も続くとなると、眠らなくてはという意識が強くなり、一層眠れなくなってしまうことが多いようです。
  • 【中途覚醒】
    朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
  • 【早朝覚醒】
    起きようと思っている時刻よりも、ずっと朝早いうちから目が覚めてしまい、再度眠ることができない状態です。これはお年寄りによく見られます。
  • 【熟眠障害】
    眠りが浅いと感じる状態をいいます。これは、寝付いたにもかかわらず途中で何度も目が覚めてしまう中途覚醒が原因となっている場合があります。しかし、尿意や夢をはじめとする何らかの原因で眠りが中断されても、その時間が短いと夜中に目覚めたという記憶がないこともあります。そのため、中途覚醒の自覚のあるなしにかかわらず、ぐっすり眠った、熟睡したという感覚が得られない場合は、熟眠障害を疑ってみる必要があります。

以上のように不眠症を分類しましたが、もちろん1つだけの人もいれば、3つすべてに当てはまる人もいます。普通に考えると、1つだけの人よりも、3つある人のほうが重症だと思われます。

メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」 メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」