睡眠障害

睡眠障害

睡眠障害とは、入眠時や睡眠時に何らかの異常のある状態をいい、睡眠障害の調査によると、日本人の5人に1人が、なんらかの睡眠の問題を抱えているといいます。

睡眠障害国際分類によると、睡眠障害は大きく分けて「睡眠異常」「睡眠時随伴症」「内科・精神科的睡眠障害」「その他」4つに分類されます。

  1. 【睡眠異常】
    睡眠自体が疾患であるものを指す。精神生理性不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、環境条件に起因する睡眠障害など。
  2. 【睡眠時随伴症】
    睡眠中に見られる異常な行動。睡眠時遊行症、夜驚症、むずむず足症候群、レム睡眠行動障害など。
  3. 【内科・精神科的睡眠障害】
    精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠。
  4. 【その他】
    未だ分類が正確になされていない、短時間睡眠者や長時間睡眠者など。

睡眠異常に関しては、まず、寝つけない・途中で起きてしまうなどのいわゆる「不眠症」があります。身体疾患や、うつ病などの精神疾患が原因になっている場合がありますので注意が必要です。また、加齢や環境からの影響も大きく受けます。

反対に、過度に眠気がきて、日中や眠ってはいけない場面などでも、つい眠り込んでしまうといった「過眠症」もあります

この過眠症のうち、「ナルコレプシー」という病気は、発作のように急に短時間眠り込んでしまう、という症状が長期に続きます。

また、睡眠中の呼吸の障害から、きちんとした睡眠が得られず、全身倦怠感や注意力低下などが続く「睡眠時無呼吸症候群」もあります。これは肥満や骨格上の問題が起因している場合が多いようです。

睡眠時随伴症にも、いくつかの種類があります。寝入りや寝ている時に我慢しがたい足のむずむずを呈し不眠となるのが、「むずむず足症候群」です。また「レム睡眠行動障害」は、寝ている間に急に暴れたり、起き上がって動き回ったりしますので、思わぬ怪我をしてしまうこともあります。

以上のように、一口に睡眠の問題といっても、いろいろな種類があります。睡眠の問題には、その裏側に重大な病気が隠れていることもあり、睡眠不足から大事故を引き起こすような事態に陥る事も考えられ、私達の生活に与える影響は思った以上に大きなものです。

メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」 メンタルヘルスサプリ「ヌーススピリッツ」