■ お葬式のマナー 喪主側の流れと手順(2)

●お寺さんへの連絡

 菩提寺がある場合はお寺さんへ連絡し、枕経の依頼をします。このあたりは、分からないことがあったら葬儀社の方に遠慮なくお尋ねしましょう。

●ご帰宅

 葬儀社の手配の寝台車でご自宅へ。どうしても自宅に帰れないなど事情がある場合は、葬儀社の方に相談すれば、斎場の遺体安置所に送ってもらうこともできます。

●ご遺体の安置の仕方

 ようやく故人が永年住み慣れ、いちばん帰りたかった場所であるご自宅へと帰ります。(事情があって、斎場等の遺体安置所に行かれる場合はこの限りではありません。)

 寝具は普段お使いになっていたものを使用しましょう。

 突然であった場合はシーツなどは新しいものに取り替えておきましょう。

 頭側が北になるよう(北枕といいます)寝具を整えておきます。尚、部屋の室温は下げておきましょう。

●お線香の準備

 基本的に葬儀社の方が段取りよく設置してくれます。

 あなたは、生前お使いになっていた茶碗にご飯を山盛りにし、真ん中にお使いになっていたお箸を立て、枕団子をお供えします。(宗派によって異なる場合があります)

●枕経

僧侶により枕経をあげて頂く。

 その後お通夜や葬儀の日時、場所(斎場)などの予定を聞かれますので、お寺さんのご都合をお聞いた上で葬儀社と調整して正式に決定します。

 けっして勝手に決めてしまわないようにしましょう。

●納棺

一般的はいったん自宅の布団に安置した後、その日の午後あるいは翌日に近親者や宗教者の立ち会いのもとで遺体を納棺します。

 納棺に先立って遺体処置をすることがあります。